電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:10
TCPバージョン識別とEDCA制御を併用したTCP差別化手法
園田和秀小倉一峰甲藤二郎早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、TCPバージョン識別とEDCA制御を併用したTCP差別化手法について報告する。TCPの輻輳制御の中で、遅延ベース手法のVegasは、RTTを基に輻輳制御を行うことで、RTTを抑えることができる。そのため、単独では無駄のない通信が可能である。しかし、Vegasは他のTCPと競合した際に、帯域を奪われてしまうといった親和性の問題がある。この親和性を改善するための1つの方法として、既にTCP差別化を提案し、シミュレーションにおいては評価を行った。本稿では、実機実験と実機に環境を合わせたシミュレーションによって、実環境においてのTCP差別化の効果を明らかにする。 
(英) This paper presents a TCP differentiation combining TCP version identification and EDCA control . In current proposed TCP congestion controls, TCP Vegas controls congestion window (cwnd) based on round trip time (RTT), and it can suppress RTT. Therefore, TCP Vegas can do efficient communication alone. However, TCP Vegas decreases its throughput when it competes with other TCP versions. To solve this problem, in our previous paper, we proposed the TCP differentiation and it brings much better throughput in simulation experiments. In this paper, we present the advantages of this TCP differentiation in both implementation and simulation experiments assuming real environment.
キーワード (和) TCP Vegas / TCPバージョン識別 / TCP差別化 / 優先制御 / IEEE802.11eEDCA / / /  
(英) TCP Vegas / TCP Version Identification / TCP Differentiation / Priority Control / IEEE802.11eEDCA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-189, pp. 57-62, 2012年3月.
資料番号 NS2011-189 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TCPバージョン識別とEDCA制御を併用したTCP差別化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A TCP Differentiation combining TCP Version Identification and EDCA Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP Vegas / TCP Vegas  
キーワード(2)(和/英) TCPバージョン識別 / TCP Version Identification  
キーワード(3)(和/英) TCP差別化 / TCP Differentiation  
キーワード(4)(和/英) 優先制御 / Priority Control  
キーワード(5)(和/英) IEEE802.11eEDCA / IEEE802.11eEDCA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 和秀 / Kazuhide Sonoda / ソノダ カズヒデ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 一峰 / Kazumine Ogura / オグラ カズミネ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-189 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会