お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 09:50
サービス拡張型オープンフロースイッチングネットワーク
清水 洋川野哲生NICTNS2011-180
抄録 (和) Software Defined Networkが新世代向けとして注目を浴び、その一翼を担うOpen Flow Switchingは既に商用化されている。このサービス・機能性を更に拡張すべく、フロー定義をラベル化したService Extensible Open Flow Switching を提案する。これにより、スケーラビリティの向上、消費電力の低減、セキュリティの向上が実現される。サービス拡張例として、VXLAN over Open Flow Switching、ラベルをコンテンツ名に対応付けた Named Contents Switching、更には、センサー情報を加味してスイッチングするM2Mセンサー対応のStatus Driven Programmable Switchingの提案を行う。 
(英) Software Defined Network is being focused as New Generation Network and Open Flow Switching Network which plays its important part has been already commercialized. This paper proposes Service Extensible Open Flow Switching which employs label base flow definition for enhancing the serviceability and functionality. This enables to expand the scalability, reduce the power consumption and improve the security. As switching service expansion examples, the following three schemes are also proposed, that is VXLAN over Open Flow Switching, Named Contents Flow Switching and Status Driven Programmable Switching in which M2M sensor information is additionally used as switching parameter.
キーワード (和) 新世代ネットワーク / ラベルフロースイッチング / Software Defined Network / CDN / M2M / 状況駆動 / /  
(英) Next Generation Network / Label Flow Switching / Software Defined Network / CDN / M2M / Status Driven / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-180, pp. 7-12, 2012年3月.
資料番号 NS2011-180 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-180

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービス拡張型オープンフロースイッチングネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Service Extensible Open Flow Switching Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク / Next Generation Network  
キーワード(2)(和/英) ラベルフロースイッチング / Label Flow Switching  
キーワード(3)(和/英) Software Defined Network / Software Defined Network  
キーワード(4)(和/英) CDN / CDN  
キーワード(5)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(6)(和/英) 状況駆動 / Status Driven  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 洋 / Hiroshi Shimizu / シミズ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川野 哲生 / Tetsuo Kawano / カワノ テツオ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-180 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会