電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:10
OLSRにおける共謀攻撃検出手法の提案
坂本宗一朗竹中豊文日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アドホックネットワークにおける脅威として,共謀攻撃が問題となっている.共謀攻撃は,複数のノードが共謀してルーチングパケットの破棄や改ざんを行うことで,攻撃対象ノードをネットワークから隔離させる攻撃である.共謀攻撃が行われている状況下では,正常な通信が行えないため,攻撃の検出が必要である.これまで,こうした攻撃を検出するため,新たに経路確認用のパケットを設け,各ノードが,隣接ノードと経路確認用のパケットをやり取りすることにより,正常な経路が構築されているか否かを確認する方式が提案されてきた.しかし,この方式には,攻撃ノードが経路確認用のパケットを偽造することで,検出を回避できるという問題がある.本稿では,この問題点を解決するための検出方式を新たに提案し,シミュレーションによりその有効性を確認する. 
(英) A collusion attack is a serious problem in ad hoc networks. In this attack, a pair of attackers prevent a
specific node from establishing connection by discarding or interpolating routing packets. It is crucial to detect such
collusion attacks for executing normal communications. In order to detect such attacks, a route confirmation packet has been introduced, which is exchanged among neighbor nodes. The nodes received the route conformation packets can judge whether normal routes are established or not and detect a collusion attack. However, this conventional scheme has such a problem that attackers can avoid detection by interpolating route confirmation packets. In this paper, we propose a new detection method to solve this problem, and show the effectiveness by means of simulation experiments.
キーワード (和) モバイルアドホックネットワーク / OLSR / セキュリティ / 共謀攻撃 / / / /  
(英) MANET / OLSR / Security / Collusion Attack / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-205, pp. 143-148, 2012年3月.
資料番号 NS2011-205 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OLSRにおける共謀攻撃検出手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Collusion Attack Detection Method in OLSR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / MANET  
キーワード(2)(和/英) OLSR / OLSR  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(4)(和/英) 共謀攻撃 / Collusion Attack  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 宗一朗 / Soichiro Sakamoto / サカモト ソウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka /
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-205 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会