電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:55
PNC-OFDMのマルチプルアクセスリンクにおけるプレコーディングの一考察
梅原大祐京都工繊大)・山本高至村田英一京大)・田野 哲岡山大)・守倉正博吉田 進京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 双方向無線中継通信路に対して,物理層ネットワークコーディング(Physical-Layer Network Coding, PNC)と直交周波数分割多重(Orthogonal Frequency Division Multiplexing, OFDM)変調方式を適用する.双方向中継通信路のマルチプルアクセス(Multiple Access, MA)リンクでは,$2$端末局から同時に送信された信号が受信局で合成される.このとき,それぞれの信号に生じるマルチパスフェージングを補償するために送信端末局でプレコーディングが必要とされる.本稿では,中継局での最大事後確率(Maximum A Posteriori Probability, MAP)復号法の適用を前提に,位相同期のみを実現するプレコーディングを提案し,MAリンクの通信路容量を評価する方法について考察する. 
(英) Physical-layer network coding (PNC) and orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) are applied to two-way wireless relay channel. Signals transmitted from two stations simultaneously are synthesized at the relay station in multiple access (MA) link on the two-way relay channel. Precoding at the sending stations is required to compensate multipath fading for each signal. In this manuscript, precoding only with channel phase synchronization is proposed assuming that maximum a posteriori probability (MAP) decoding is applied at the relay node and the channel capacity in MA link is considered to be evaluated.
キーワード (和) 双方向無線中継通信路 / マルチプルアクセスリンク / 物理層ネットワークコーディング / プレコーディング / 最大事後確率復号法 / 通信路容量 / /  
(英) two-way wireless relay channel / multiple access link / physical-layer network coding / precoding / maximum a posteriori probability decoding / channel capacity / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 467, CS2011-116, pp. 97-102, 2012年3月.
資料番号 CS2011-116 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PNC-OFDMのマルチプルアクセスリンクにおけるプレコーディングの一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Precoding in Multiple Access Link for PNC-OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向無線中継通信路 / two-way wireless relay channel  
キーワード(2)(和/英) マルチプルアクセスリンク / multiple access link  
キーワード(3)(和/英) 物理層ネットワークコーディング / physical-layer network coding  
キーワード(4)(和/英) プレコーディング / precoding  
キーワード(5)(和/英) 最大事後確率復号法 / maximum a posteriori probability decoding  
キーワード(6)(和/英) 通信路容量 / channel capacity  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2011-124,IEICE-SIP2011-144,IEICE-CS2011-116 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会