電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 11:40
帯域保証/ベストエフォートサービスの連携によるP2P型高品質マルチアングル動画配信方式
高橋和也廣田悠介阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,光パス交換を用いた帯域保証型ネットワークの研究が加速されており,これらのネットワーク基盤上での超高精細な動画配信や 3D 映像配信など多種多様なサービスの普及が期待されている.その中の 1 つであるマルチアングル動画配信サービスを既存の P2P 型動画配信方式で実現すると,アングル切替に時間がかかるという問題がある.アングル切替中,動画を視聴することができないため,頻繁に切替が行われるマルチアングル動画配信サービスではこの問題は深刻である.本稿では,P2P 型超高精細マルチアングル動画配信方式を提案する.全アングルの動画を同時に配信することでアングル切替時の継続的視聴を可能にする.ただし,使用帯域の節約を考慮に入れて,サブアングルは低解像度で配信する.また,ベストエフォート型と帯域保証型ネットワーク単体での超高精細動画配信の可能性について検討を行うとともに,これらのネットワーク双方を連携し,目的に応じた品質を提供する 2 つの配信方式を提案する.提案方式の性能を計算機シミュレーションによって評価する. 
(英) Recently, feasible researches on guaranteed network with optical path have been advanced. Based on the infrastructure, various services such as Ultra High Definition (UHD) and 3D video distribution will be widespread in near future. In multi-angle video distribution with existing systems, switching angle takes long time. The problem is critical because switching angle frequently occurs in the service. In this paper, we propose P2P-based UHD multi-angle video distribution method. This method enables to switch angle rapidly by distributing all angles together. Considering limited bandwidth, sub-angles are distributed with low resolution. We firstly discuss the distribution with sole best-effort or guaranteed network. Next, we propose two methods exploiting the above two networks for different purposes. Performance on the proposed methods is evaluated through computer simulation.
キーワード (和) 超高精細 / マルチアングル / 帯域保証型ネットワーク / P2P / 動画切替 / 階層符号化 / /  
(英) Ultra High Definition / Multi-angle / Guaranteed Network / Streaming Distribution / P2P / Switching Video / Layered Coding /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-217, pp. 215-220, 2012年3月.
資料番号 NS2011-217 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域保証/ベストエフォートサービスの連携によるP2P型高品質マルチアングル動画配信方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) P2P-based Distribution Method for High Quality Multi-angle Video Streaming Exploiting Guaranteed/Best-effort Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超高精細 / Ultra High Definition  
キーワード(2)(和/英) マルチアングル / Multi-angle  
キーワード(3)(和/英) 帯域保証型ネットワーク / Guaranteed Network  
キーワード(4)(和/英) P2P / Streaming Distribution  
キーワード(5)(和/英) 動画切替 / P2P  
キーワード(6)(和/英) 階層符号化 / Switching Video  
キーワード(7)(和/英) / Layered Coding  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 和也 / Kazuya Takahashi / タカハシ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 悠介 / Yusuke Hirota / ヒロタ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 孝三 / Koso Murakami / ムラカミ コウゾウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-217 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.215-220 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会