電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 12:00
並行性向上による高信頼高スループット無線アドホック通信
中川雄太桧垣博章東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一般に低信頼と言われている無線通信環境における高信頼通信手法には、誤り検出符号と再送信による BEC (Backward Error Correction) と誤り訂正符号による FEC (Forward Error Correction) とがある。
BEC では隣接無線ノード間でデータメッセージと受信確認メッセージの双方向配送を要するのに対し、FEC では送信無線ノードから受信無線ノードへの一方向配送となる。
ブロードキャストを基礎とする無線通信環境では、隣接無線ノードの通信を互いに妨げないようにすることでシステムとしてのスループットを向上することが期待される。
そこで、本論文では、無線アドホック通信において要求される信頼性を保証しつつ、隣接無線ノード間の送受信の妨げを小さくするために、BEC と FEC とを使い分ける手法を提案する。
これによって、各無線ノードの通信の並列性が向上し、システム全体としてのスループットの改善が見込まれる。 
(英) In an unreliable wireless networks, there are two reliable communication methods BEC (Backward Error Correction) with an error detection code and retransnissions and FEC (Forward Error Correction) with an error correction
code.
In BEC, bidirectional transmissions are required, i.e., data message transmissions from a sender node to a receiver node and acknowledgement message transmissions from a receiver node to a sender node.
On the other hand in FEC, only one-way transmissions, i.e. data message transmissions from a sender node to a receiver node, are required.
In a wireless network where message transmissions are intrinsically based on broadcast communications, reduction of interferences among neighbor nodes results in higher throughput of data messages.
Thus, this paper proposes a novel reliable wireless communication method in which BEC or FEC is selected for provision of required reliability and achiving lower interferences among neighbor nodes.
By the proposed method, highly concurrent wireless ad-hoc communications are realized with high reliability and high throughput.
キーワード (和) アドホック通信 / 高信頼通信 / 衝突回避 / 誤り検出符号 / 誤り訂正符号 / / /  
(英) Wireless Ad-Hoc Communication / Reliable Communication / Collision Avoidance / Error Detection Code / Error Correction Code / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-144, pp. 43-47, 2012年3月.
資料番号 IN2011-144 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 並行性向上による高信頼高スループット無線アドホック通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Improvement of Reliable Wireless Ad-Hoc Communication by Higher Concurrent Transmissions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホック通信 / Wireless Ad-Hoc Communication  
キーワード(2)(和/英) 高信頼通信 / Reliable Communication  
キーワード(3)(和/英) 衝突回避 / Collision Avoidance  
キーワード(4)(和/英) 誤り検出符号 / Error Detection Code  
キーワード(5)(和/英) 誤り訂正符号 / Error Correction Code  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雄太 / Yuta Nakagawa /
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki /
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-144 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会