電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 15:35
E-Spline標本化モデルに基づく直線ステップエッジの最適推定
平林 晃国貞尚哉山口大)・Pier Luigi DragottiImperial College London
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) E-spline標本化モデルに基づく直線ステップエッジの抽出アルゴリズムを提案する.
直線ステップエッジは方向角,切片,振幅の3種類のパラメータによって記述される.
これらの値を求める標準的手法のハフ変換には,
精度と検出感度のトレードオフや解像度低下に伴う精度劣化などの問題点がある.
これらの問題点は画素値変換モデルの導入によって解決されるが,
このアプローチに基づく従来の方法では3種パラメータの推定に解析解を用いていたために,
雑音耐性の更なる向上が求められていた.提案手法では,偏微分画像の指数モーメントと
呼ばれる量の理論値と観測値の差によって評価関数を定義し,
その最適値を求めることによって直線エッジを推定する.
評価基準の最適化には粗精探索を用いる.
計算機シミュレーションにより,提案手法が解析解を用いた従来法より雑音に対して
頑健であるだけでなく,ハフ変換より正確に実画像からエッジを抽出できることを示す. 
(英) We propose a line edge extraction algorithm based on an E-spline pixel acquisition model.
A straight line-edge can be described by three parameters of orientation, offset, and amplitude.
The standard method to extract these parameters is Hough transform,
which has a limitation in principle to achieve sub-pixel accuracy.
Such a limitation can be resolved by introducing a pixel acquisition model.
Conventional approaches along this context used analytic solutions for the three parameters,
which are sensitive to noise in pixels.
To solve the problem, we propose an optimization approach.
We first define a criterion that evaluates a distance between exponential moments
obtained from noisy pixel values and its theoretical closed form.
Its optimization is conducted by a simple coarse-to-fine search.
Computer simulations show that not only noise resilience is much improved by the proposed method but also it extracts line-edges from real images more accurately than the Hough transform.
キーワード (和) エッジ検出 / Canny 法 / 直線エッジ / 点広がり関数 / / / /  
(英) Edge detection / Canny method / line-edge / point spread function (PSF) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 466, SIP2011-138, pp. 65-70, 2012年3月.
資料番号 SIP2011-138 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) E-Spline標本化モデルに基づく直線ステップエッジの最適推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimal Estimation of Step Line-Edge Based on E-spline Pixel Acqusition Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジ検出 / Edge detection  
キーワード(2)(和/英) Canny 法 / Canny method  
キーワード(3)(和/英) 直線エッジ / line-edge  
キーワード(4)(和/英) 点広がり関数 / point spread function (PSF)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平林 晃 / Akira Hirabayashi / ヒラバヤシ アキラ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 国貞 尚哉 / Naoya Kunisada / クニサダ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Pier Luigi Dragotti / Pier Luigi Dragotti / Pier Luigi Dragotti
第3著者 所属(和/英) Imperial College London (略称: Imperial College London)
Imperial College London (略称: Imperial College London)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2011-118,IEICE-SIP2011-138,IEICE-CS2011-110 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会