電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 12:00
パニック型災害における非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)の開発 ~ 災害検知のための被災者行動分析システム ~
早川洋平・○津高健太郎石田裕介和田友孝関西大)・大月一弘神戸大)・岡田博美関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,火災,地震,テロなどの突発的災害により多数の犠牲者が発生している.これらの災害では早期の災害発見と迅速な避難が重要となる.筆者らは,この問題を解決するため,非常時緊急救命避難支援システム(ERESS: Emergency Rescue Evacuation Support System)の開発を行っている.本システムでは,各被災者が所持するモバイル端末に搭載された各種センサから得られる情報を、モバイルアドホックネットワークにより端末間で共有し,リアルタイムに災害の検知,適切な避難路の検索を行う.これにより,逃げ遅れによる犠牲者を減少させることが可能となる.本システムを実現するためには実環境において各被災者の行動を分析し,災害発生の判定を行うことで各種アルゴリズムを検証する必要がある.そのため,本稿では被災者行動分析システムの開発について述べる.また本システムの開発のために2種類の検証実験を行い,本システムの有効性を示す. 
(英) Recently, a large number of people die or are injured due to sudden disasters. In these disasters, it is important to discover them early and evacuate people quickly. To cope with these problems, we are developing ERESS (Emergency Rescue Evacuation Support System). Mobile terminals with this system exchange their information that associate with their sensors among them through MANET. When they detect a disaster occurring, they search an appropriate evacuation route in real time, and can reduce the number of victims. To realize this system, we need to analyze evacuees’ behavior and establish a new judgment method of the disaster occurrence by experiments. Therefore, we are developing a system named Evacuees’ Behavior Analysis System, for collecting and analyzing the evacuees’ behavior in emergency. We carry out two types of experiments, and show the availability of the system.
キーワード (和) MANET / 災害 / 被災者行動 / 避難支援システム / リアルタイム / / /  
(英) MANET / disaster / evacuees' behavior / evacuation support system / real time / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-159, pp. 133-138, 2012年3月.
資料番号 IN2011-159 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パニック型災害における非常時緊急救命避難支援システム(ERESS)の開発 
サブタイトル(和) 災害検知のための被災者行動分析システム 
タイトル(英) Development of Emergency Rescue Evacuation Support System (ERESS) in Panic-type Disasters 
サブタイトル(英) Evacuees' Behavior Analysis System for Disaster Detection 
キーワード(1)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(2)(和/英) 災害 / disaster  
キーワード(3)(和/英) 被災者行動 / evacuees' behavior  
キーワード(4)(和/英) 避難支援システム / evacuation support system  
キーワード(5)(和/英) リアルタイム / real time  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 洋平 / Yohei Hayakawa / ハヤカワ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 津高 健太郎 / Kentaro Tsudaka / ツダカ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 裕介 / Yusuke Ishida / イシダ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 友孝 / Tomotaka Wada / ワダ トモタカ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大月 一弘 / Kazuhiro Ohtsuki / オオツキ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 博美 / Hiromi Okada / オカダ ヒロミ
第6著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-159 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会