電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:10
Androidアプリ可用率の調査と安定化手法の提案
荒井大輔堀 賢治吉原貴仁KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,Android™がスマートフォンやタブレット等のOSとして急速に普及している.Android端末はAndroidアプリにより機能拡張できる.また,Android端末は高度な計算能力やストレージ,通信インタフェースを専用装置と比較し安価に備える.そのため,現在,専用装置で実装される産業機械の制御装置や遠隔医療装置等の一部を置換し,安価に実現することも期待されている.一方,Androidの開発者サイトには多くの不具合報告が寄せられており,Androidアプリの安定稼働が必要となる上記用途への利用は,OSそのものやアプリの不具合により難しい可能性がある.そこで本論文では,市販のAndroidスマートフォンを用いて,Androidアプリの可用率を調査し,調査結果から安定化手法の実現が必要なことを示す.また,調査に基づき,Androidアプリの安定化を目指す手法を提案する.提案手法では,Androidアプリを定期監視し,Androidアプリの応答が無いなどアプリの異常を検知した場合には,アプリの再起動を行うことで,異常からの迅速な復旧を実現する. 
(英) Android OS has spread rapidly for smart phones and tablet devices. The Android devices have a feature that is easily added functions by Android applications. In addition, the Android devices are based on powerful CPUs, they own considerable storage capacities, and large-band communication capabilities. Thus, the Android devices are expected to become the system component for versatile systems such as robot control and telemedicine. Meanwhile, the android issue reporting site currently contains more than 8,300 bug reports. Hence, it is difficult that the android devices used in the above systems because the android devices have the potential to become system failure by the bugs. In this paper, to confirm the necessity to propose the new scheme for dependable android applications, we examine the availability of Android smart phones by fundamental experiment. In addition, we propose a new active restart scheme for dependable android application based on result of examination. In our proposal, we introduce new software that periodically checks normality of Android applications. In addition, if the installed software detects abnormality of Android application, the software restarts the application to recover the abnormality.
キーワード (和) Android / スマートフォン / アプリ安定化 / 再起動 / / / /  
(英) Android / Smart Phone / Dependable Android Application / Active Restart / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-154, pp. 103-108, 2012年3月.
資料番号 IN2011-154 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Androidアプリ可用率の調査と安定化手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Availability and Proposal on Active Restart Scheme for Dependable Android Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Android / Android  
キーワード(2)(和/英) スマートフォン / Smart Phone  
キーワード(3)(和/英) アプリ安定化 / Dependable Android Application  
キーワード(4)(和/英) 再起動 / Active Restart  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 大輔 / Daisuke Arai / アライ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 賢治 / Kenji Hori / ホリ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 貴仁 / Kiyohito Yoshihara / ヨシハラ キヨヒト
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-154 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会