電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 11:20
モバイルアドホックネットワークにおけるマルチフローを考慮したQoS向上ルーティング方式
針生 健小室信喜阪田史郎千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,モバイルアドホックネットワークにおいて,QoS向上を目的としたルーティング方式が多く提案されている.その例として,高配信率の点で優位であCM(Cross-layered Multipath)-AODVと低遅延の点で優位であるAODV-Dがある.しかし,これらの方式には,マルチフローの場合通信品質が低下する,ネットワーク内に制御パケットが氾濫する,などの問題がある.
本稿では,マルチフローに対応させるために従来方式を組み合わせ,閾値設定により制御パケットを削減し,リアルタイム通信では低遅延,ノンリアルタイム通信では高配信率・高スループットを目指しかつ,低消費電力化とその平均化によりネットワークライフタイムを改善する方式を提案する.シミュレーション評価により,提案方式が有効であることを示す. 
(英) In recent years, many routing control schemes aiming at the improvement
of QoS in mobile ad hoc Networks have been proposed. For example, delivery ratio of CM (Cross-layered Multipath)-AODV and delay of AODV-D outperform the conventional AODV. However, they have some problems, such as QoS degradation when using multi-flows and control packet flooding in the network.
In this paper, the authors propose a novel routing control scheme in which these conventional schemes are integrated for reducing the number of control packets in multi-flow networks. The proposed scheme aims at achieving the low delay in real time communication, high delivery ratio and high throughput in non real-time communication, and low energy consumption for prolonging the network lifetime. Simulation evaluation shows that the proposed scheme is effective.
キーワード (和) モバイルアドホックネットワーク / ルーティング / AODV / QoS / マルチフロー / マルチパス / /  
(英) Mobile Ad Hoc Networks / Routing / AODV / QoS / Multi-flow / Multi-path / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-142, pp. 31-36, 2012年3月.
資料番号 IN2011-142 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルアドホックネットワークにおけるマルチフローを考慮したQoS向上ルーティング方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of QoS Routing Control Scheme considering multi-flows in Mobile Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルアドホックネットワーク / Mobile Ad Hoc Networks  
キーワード(2)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(3)(和/英) AODV / AODV  
キーワード(4)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(5)(和/英) マルチフロー / Multi-flow  
キーワード(6)(和/英) マルチパス / Multi-path  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 針生 健 / Takeru Hariu / ハリウ タケル
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-142 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会