電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 09:30
LTEを用いたP2P型車車間通信方式の一検討
横堀 充阿相啓吾竹本勇一郎酒井淳一青山高久伊藤 快パナソニック
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第3.9世代セルラー通信であるLTE(Long Term Evolusion)の広域・高速通信を生かし,各車両の位置情報をサーバに収集するテレマティクスがある.しかし,既存のテレマティクスはサーバとの通信経路が冗長であるため,車両間でのデータ共有を行うには通信速度に課題がある.そこで,我々は,車両間にP2P型のデータ経路(Data-Plane)を形成する通信方式であるLTE-IVC(LTE-Inter Vehicle communication)の検討を行った.シミュレーションを通じ,符号化率2/3を維持するLTEダウンリンクの制御用物理チャネルのうち,27[%]をLTE-IVCに割り当てることで100[ms]以内に160[台]の車両へのデータ伝達を完了できることを確かめた. 
(英) There is a telematics utilizing the high-speed wide-area communication (Long Term Evolution), which is a 3.9 generation cellular communication, to collect vehicles’ location information to the server. However, the existing telematics lacks the real-time communications to share data among vehicles, because the data path between each vehicle and server is redundant. Then, we propose the LTE-IVC(LTE-Inter Vehicle communication), which is a communication method to form a P2P type data path (“Data-Plane”) between each vehicle. We evaluated through simulations that the UE proceeding LTE-IVC protocol completes to exchange data with 160 other UEs around the UE within 100[ms], when the UE is assigned 27[%] wireless resources of the Physical Downlink Control Channel(PDCCH) on LTE and PDCCH between eNB and each UE keep the coding rate 2/3.
キーワード (和) LTE / ITS / P2P / 車車間通信 / / / /  
(英) LTE / ITS / P2P / Inter Vehicle Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-137, pp. 1-6, 2012年3月.
資料番号 IN2011-137 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTEを用いたP2P型車車間通信方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) P2P type Inter Vehicle Communications using LTE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(2)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(3)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(4)(和/英) 車車間通信 / Inter Vehicle Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横堀 充 / Michiru Yokobori / ヨコボリ ミチル
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿相 啓吾 / Keigo Aso / アソウ ケイゴ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹本 勇一郎 / Yuichiro Takemoto / タケモト ユウイチロウ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 淳一 / Junichiro Sakai / サカイ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 高久 / Takahisa Aoyama / アオヤマ タカヒサ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 快 / Hayashi Ito / イトウ ハヤシ
第6著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-137 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会