電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 13:45
A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique
Masanori FurutaTaichi OgawaTetsuro ItakuraToshiba
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) An eight-channel time-interleaved ADC with individual reference voltage buffers is presented. Each channel consists of buffer amplifier and two successive approximation ADC (SAR ADC) in a pipeline configuration. The proposed architecture shares an amplifier between the voltage buffer and the residue amplifier. The amplifier sharing technique achieves better isolation between the individual channels while minimizing the additional circuit. Over one bit redundancy is implemented to compensate the process variation of the MOM capacitance.
Fabricated in 65nm CMOS with an active area of 0.36mm^2, the prototype chip achieves a peak SNDR of 32.3dB(single-channel) at 60MS/s and 26dB(time-interleave) at 480MS/s sampling rate and has a power consumption of 6mW.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Time-interleaved / SAR / ADC / low-power / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 465, CAS2011-128, pp. 121-124, 2012年3月.
資料番号 CAS2011-128 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Time-Interleave Pipelined SAR ADC Using Amplifier Sharing Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Time-interleaved  
キーワード(2)(和/英) / SAR  
キーワード(3)(和/英) / ADC  
キーワード(4)(和/英) / low-power  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 雅則 / Masanori Furuta / フルタ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 株式会社東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 太一 / Taichi Ogawa / オガワ タイチ
第2著者 所属(和/英) 株式会社東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 哲朗 / Tetsuro Itakura / イタクラ テツロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-128,IEICE-SIP2011-148,IEICE-CS2011-120 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.121-124 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会