電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 11:00
移動端末の移動範囲予測に基づいたページングエリア制御
岩井孝法NEC)・田辺智行阪大)・吉田裕志吉川隆士NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 今後,モバイルネットワーク上で通信する自動販売機や自動車等のM2M デバイス数の急増が予測されており,M2M デバイスによる制御シグナリング負荷が増大することが懸念されている.制御シグナリング削減に関する議論は3GPPで始まっており,制御シグナリング負荷の原因のひとつであるページング処理の効率化も求められている.本稿では,移動端末の行動履歴から移動端末の移動範囲を推測し,その移動範囲に応じて移動端末毎にページングエリアを制御する手法を提案する.移動端末の移動モデルとしてブラウン運動モデルや等速直線運動モデルを用いて提案方式の有効性の確認を行った. 
(英) It is predicted that the number of M2M devices on mobile networks such as vending machines, cars, etc. will increase rapidly and the control signaling load will increase in future. The argument about the control signaling reduction has started with 3GPP, and improvement of efficiency of the paging processing, which is one of cause of control signaling load, is required. This paper proposed a method for controlling a paging area of a mobile terminal on the basis of a moving range that is calculated from a mobile history of the Mobile terminal. This paper simulated the proposed method using a Brownian motion model and a Linear uniform motion one.
キーワード (和) モバイルネットワーク / セルラーネットワーク / ページング / ページングエリア / LTE / EPC / /  
(英) Mobile Network / Cellular network / Paging / Paging Area / LTE / EPC / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-199, pp. 113-118, 2012年3月.
資料番号 NS2011-199 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動端末の移動範囲予測に基づいたページングエリア制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Paging Area Control Method Based on a Moving Range Prediction of a Mobile Terminal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルネットワーク / Mobile Network  
キーワード(2)(和/英) セルラーネットワーク / Cellular network  
キーワード(3)(和/英) ページング / Paging  
キーワード(4)(和/英) ページングエリア / Paging Area  
キーワード(5)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(6)(和/英) EPC / EPC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 孝法 / Takanori Iwai / イワイ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 智行 / Tomoyuki Tanabe / タナベ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 裕志 / Hiroshi Yoshida / ヨシダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 隆士 / Takashi Yoshikawa / ヨシカワ タカシ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-199 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会