電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 11:20
信頼性を考慮した省エネルギーレイヤ2ネットワーク設計法
米津 遥慶大)・栗本 崇NTT)・○石井大介岡本 聡慶大)・大木英司電通大)・山中直明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,インターネットの普及に伴いトラヒック量及びネットワークの消費電力が増加していることにより,ネットワークの省電力化が重要な課題となっている.そこで,ネットワーク内のトラヒックを特定リンク上に集約し,未使用リンクの電源を落とすことによって省電力化を実現するMiDORi が提案されている.
MiDORi ネットワークでは,一定時間ごとにトラヒック量に応じて物理トポロジの最適化を行うために,実用的な省電力トポロジの計算手法が必要となる.そこで本発表では,信頼性を考慮した省エネルギーレイヤ2ネットワーク設計法として,プロテクション方式およびリストレーション方式を提案する.計算機シミュレーションにより,提案する2つの障害回復方式を比較検討する. 
(英) In order to reduce the energy consumption of transport/data center networks, MiDORi network technology is introduced. This network is based on a concept of aggregating traffic into specific links, and powering off interfaces of routers/switches that do not convey traffic. In this paper, we focus on an energy-optimal topology calculation method that can adjust the link reduction rate and the calculation time by setting different depth. However, there is no consideration of reliability which is a fatal issue for energy efficient networks that consists of minimal links. Therefore, two failure management methods are proposed. By computer simulation, we compared the two proposed methods from the perspective of energy efficiency and calculation time.
キーワード (和) グリーンICT / PCE / トラヒックエンジニアリング / GMPLS / / / /  
(英) Green ICT / PCE / Traffic Engineering / GMPLS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-184, pp. 29-34, 2012年3月.
資料番号 NS2011-184 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信頼性を考慮した省エネルギーレイヤ2ネットワーク設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliability Aware Topology Design Method for Energy Efficient Layer-2 Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グリーンICT / Green ICT  
キーワード(2)(和/英) PCE / PCE  
キーワード(3)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(4)(和/英) GMPLS / GMPLS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米津 遥 / Haruka Yonezu / ヨネヅ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗本 崇 / Takashi Kurimoto / クリモト タカシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 大介 / Daisuke Ishii / イシイ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 英司 / Eiji Oki / オオキ エイジ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-184 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会