電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:05
SP-OFDMにおけるパイロット周期性を考慮した超遅延チャネル推定によるISI及びICIの補償
坂上太一安 昌俊大森達也橋本研也千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スキャッタードパイロット(SP)-OFDMは少ないパイロット信号で正確にチャネル情報を推定できる.OFDMにおいてガードインターバル(GI)を超える超遅延波が存在する場合は遅延波によるシンボル間干渉(ISI)とキャリア間干渉(ICI)によりシステム特性が劣化する.さらにSPではパイロット信号間にデータ信号が存在するためISIとICIの影響を受けて正確なチャネル情報が得られない問題がある.本論文はパイロット信号の周期性を考慮したFFT補間法を用いたチャネル推定とレプリカ信号に基づくISIとICIの補償法を提案する.提案法はまず雑音分散を求めることにより閾値を決定し,最後に雑音を除去する.次にパイロット信号の周期性を慮して時間領域で先行波と遅延波のパスのみを選ぶ.そしてFFTを用いてパイロット信号間を補間しCSIを推定する.最後に,受信信号からISIとICIを除去するために受信信号を検波したレプリカ信号を用いて干渉成分を除去する.シミュレーションから,超遅延環境において提案法は従来法と比較しBER特性が向上した. 
(英) Scattered pilot based OFDM can accuretely estimate the channel state information (CSI) with small number pilot signals under the fast fading channel. In OFDM, the guard interval (GI) is inserted in order to eliminate the inter-symbol-interference (ISI)and inter-carrier-interference (ICI) due multipath fading. In general, GI is usually designed to be longer than the delay spread of channel. Furthermore, the channel estimation of SP is property operated since data signals are assigned between scattered pilots. To overcome this problem, in this thesis, we propose the novel FFT interpolation method with considering the pilot cyclic property and ISI and ICI compensation method. In the proposed method, the time domain impulses are calculated by using FFT interpolation with null signal and the faraway responses by using the threshold of noise variance. In addition, we eliminate ISI and ICI using the identified CSI. From the simulation result, the proposed method can achieve superior BER performance compared with the conventional SP-OFDM under the large delay spread channels.
キーワード (和) SP-OFDM / パイロット周期性 / FFT補間法 / ISI / ICI / / /  
(英) SP-OFDM / pilot's cyclic property / FFT interpolation / ISI / ICI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 467, CS2011-114, pp. 87-91, 2012年3月.
資料番号 CS2011-114 
発行日 2012-03-01 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS SIP  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 
開催地(英) The University of Niigata 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing for communication, and Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-03-CAS-CS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SP-OFDMにおけるパイロット周期性を考慮した超遅延チャネル推定によるISI及びICIの補償 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ISI and ICI Compensation with Large Delay Spread Channel Estimation based on Pilot Symbol's Cyclic Property for SP-OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SP-OFDM / SP-OFDM  
キーワード(2)(和/英) パイロット周期性 / pilot's cyclic property  
キーワード(3)(和/英) FFT補間法 / FFT interpolation  
キーワード(4)(和/英) ISI / ISI  
キーワード(5)(和/英) ICI / ICI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂上 太一 / Taichi Sakaue / サカウエ タイチ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 達也 / Tatsuya Omori / オオモリ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 研也 / Ken-ya Hashimoto / ハシモト ケンヤ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2011-122,IEICE-SIP2011-142,IEICE-CS2011-114 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.465(CAS), no.466(SIP), no.467(CS) 
ページ範囲 pp.87-91 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2012-03-01,IEICE-SIP-2012-03-01,IEICE-CS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会