電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:30
A Wormhole Attack Mitigation Strategy Based on Mobile Agent
Bo YangRyo YamamotoYoshiaki TanakaWaseda Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) A Mobile Ad Hoc Network (MANET) is a self-organized, infrastructure less, multi-hop network, which is highly vulnerable to various attacks. Among various attacks, DoS (Denial of service) attack that may lead to the collapse of the network performs as a disaster in the network. Wormhole attack, a particularly devastating DoS attack, is taken by two or more colluding nodes that create a virtual tunnel to do further malicious actions. The tunnel emulates shorter links in the network and can be employed to transport packets between end points of the tunnel. By using wormhole attack, malicious nodes can not only eavesdrop packet contents but also modify or drop legitimate packets. Wormhole attack is even more harmful than other kinds of DoS attacks for it can be launched even without getting any cryptographic keys or compromising the existing nodes. This paper proposed a mobile agent based strategy to overcome not only the closed wormhole attack but also the half open and open wormhole attack. Both wormhole using encapsulation and wormhole using out-of-band channel are taken into consideration and the proposed method shows a good performance in detecting the malicious nodes. 
(英) A Mobile Ad Hoc Network (MANET) is a self-organized, infrastructure less, multi-hop network, which is highly vulnerable to various attacks. Among various attacks, DoS (Denial of service) attack that may lead to the collapse of the network performs as a disaster in the network. Wormhole attack, a particularly devastating DoS attack, is taken by two or more colluding nodes that create a virtual tunnel to do further malicious actions. The tunnel emulates shorter links in the network and can be employed to transport packets between end points of the tunnel. By using wormhole attack, malicious nodes can not only eavesdrop packet contents but also modify or drop legitimate packets. Wormhole attack is even more harmful than other kinds of DoS attacks for it can be launched even without getting any cryptographic keys or compromising the existing nodes. This paper proposed a mobile agent based strategy to overcome not only the closed wormhole attack but also the half open and open wormhole attack. Both wormhole using encapsulation and wormhole using out-of-band channel are taken into consideration and the proposed method shows a good performance in detecting the malicious nodes.
キーワード (和) Wormhole attack / Denial of service / DoS / Mitigation / Mobile agent / Mobile ad hoc network / MANET /  
(英) Wormhole attack / Denial of service / DoS / Mitigation / Mobile agent / Mobile ad hoc network / MANET /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-206, pp. 149-154, 2012年3月.
資料番号 NS2011-206 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Wormhole Attack Mitigation Strategy Based on Mobile Agent 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wormhole attack / Wormhole attack  
キーワード(2)(和/英) Denial of service / Denial of service  
キーワード(3)(和/英) DoS / DoS  
キーワード(4)(和/英) Mitigation / Mitigation  
キーワード(5)(和/英) Mobile agent / Mobile agent  
キーワード(6)(和/英) Mobile ad hoc network / Mobile ad hoc network  
キーワード(7)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楊 博 / Bo Yang / ヨウ ハク
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-206 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会