電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 11:40
Radio-On-Demand WLAN用ウェイクアップ受信機の省電力化に関する検討
木村貴寿近藤良久ATR)・四方博之関西大)・湯 素華ATR)・伊藤哲也NEC通信システム)・大橋正良ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANの省電力化を実現するRadio-On-Demand (ROD) WLANでは,未使用のAPが自動的にスリープモードに移行する.端末は,ユーザからの通信要求に応じてウェイクアップ信号を送信し,これをAPに搭載されたウェイクアップ受信機が受信することでAPのオンデマンド起動を行う.ウェイクアップ受信機は超低消費電力で動作し,端末から送信されるウェイクアップ無線LAN信号のフレーム長を検出することによりウェイクアップ要求の有無を判断する.本稿では,ROD WLANのウェイクアップ受信機における無線LANフレーム長検出処理に対して,ウェイクアップ受信機の稼動/非稼動を制御する間欠動作を導入することで,ウェイクアップ受信機のさらなる省電力化を試みる.また,ウェイクアップ失敗確率とウェイクアップに要する遅延時間を低減させるウェイクアップ信号の伝送方法について検討を行なう.シミュレーションにより,非稼働の連続時間を5msに設定した場合,チャネルのビジー率が1%で消費電力を10%以下に抑制できることを示した.また,ビット判定誤りを10-3とした場合であっても,非稼動の連続時間と同じ長さのロングフレームをウェイクアップ信号の伝送前に送信することで,10-2以下のウェイクアップ失敗確率と35ms程度のウェイクアップ遅延時間を達成できることを示した. 
(英) In our proposed Radio-On-Demand (ROD) WLAN, each AP is transited to a sleep mode while there is no associated user. Each STA transmits a wake-up signal upon communications demands, which is received by a wake-up receiver installed into each ROD AP. The wake-up receiver operates with low-power consumption, which realizes significant reduction of wasteful energy consumed by idle APs. The wake-up signal transmitted by each STA consists of WLAN data frames with different length, to which a wake-up ID is embedded. The wake-up receiver detects each WLAN frame length and identifies the presence of wake-up request. In this paper, we attempt to reduce the energy consumption of wake-up receiver by introducing duty-cycling to the process of frame length detection. We also investigate how we can reduce wake-up error probability and wake-up delay by devising a transmission scheme of wake-up signal. Our simulation results show that, with OFF period in duty-cycling of 5 ms, we can reduce power consumption of wake-up receiver more than 90 % when the channel busy rate is set to be 1 %. We also show that the wake-up error probability can be kept below 10-2 with wake-up delay of around 35 ms if each STA transmits a long frame, which has the same duration as OFF period in duty-cycling, before sending a wake-up signal.
キーワード (和) Radio-On-Demand Networks / ウェイクアップ受信機 / 無線LAN / Duty-cycling / / / /  
(英) Radio-On-Demand Networks / Wake up Receiver / Wireless Lan / Duty-cycling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-209, pp. 167-172, 2012年3月.
資料番号 NS2011-209 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Radio-On-Demand WLAN用ウェイクアップ受信機の省電力化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Duty-cycling Strategies for Saving Energy of Wake-up Receiver in Radio-On-Demand WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Radio-On-Demand Networks / Radio-On-Demand Networks  
キーワード(2)(和/英) ウェイクアップ受信機 / Wake up Receiver  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / Wireless Lan  
キーワード(4)(和/英) Duty-cycling / Duty-cycling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 貴寿 / Takatoshi Kimura / キムラ タカトシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 良久 / Yoshihisa Kondo / コンドウ ヨシヒサ
第2著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯 素華 / Suhua Tang / タン スウファー
第4著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 哲也 / Tetsuya Ito / イトウ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication System,Ltd. (略称: NEC Communication System,Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正良 / Masayoshi Ohashi / オオハシ マサヨシ
第6著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-209 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.167-172 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会