電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 15:35
写真共有サービスにおける所有者・共有者の期待に応える写真選択手法についての提案
白鷹靖子小西葉月曽根原愛理小舘亮之津田塾大)・並河大地南 裕也下村道夫NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スマートフォン,ディジタルカメラの高性能化により,日常的に高画質の写真を撮影する機会が増えている.また,撮影した写真を共有するために,SNSも含めて様々な写真共有サービスが登場しているが,共有すべき写真の選択にかかる手間や他者の写真を許可なく共有する行為が問題となっている.そこで本研究ではこれらの問題解決を目的として,写真に適切なタグを付与し,活用することにより所有者・共有者の期待に応える写真選択手法を提案する.提案手法では,物理的特徴情報と被写体的特徴情報を考慮した写真評価を行い,その結果に基づいて写真を選択する.本稿では,実際のイベント写真を用いて提案手法を適用した結果について考察する. 
(英) Along with the development of high performance smartphones and digital cameras, we have more opportunities to take high quality photos on a daily basis. Although various photo sharing services have emerged including social networking services, the cost to select proper photos to share and privacy issues to share photos without permissions have become barriers for those services. Therefore this research focuses on the solutions to select photos meeting the expectations of their owner and viewers by adding proper tags. Our proposed method selects photos based on the score evaluated both physical features and photographic subjects. This paper describes its algorithm and discusses the experimental results using collected photo data set from an event.
キーワード (和) 写真選択 / コンテンツ評価 / アノテーション / ライフログ / 写真共有サービス / / /  
(英) Photo selection / Contents evaluation / Annotation / Lifelog / Photo share service / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 470, LOIS2011-88, pp. 91-96, 2012年3月.
資料番号 LOIS2011-88 
発行日 2012-03-01 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 名桜大学 
開催地(英) Meio Univ. 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, LifeInteligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2012-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 写真共有サービスにおける所有者・共有者の期待に応える写真選択手法についての提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method for Selecting Photos to Share on Social Networking Services to Meet Expectations of Both the Owner and Viewers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 写真選択 / Photo selection  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ評価 / Contents evaluation  
キーワード(3)(和/英) アノテーション / Annotation  
キーワード(4)(和/英) ライフログ / Lifelog  
キーワード(5)(和/英) 写真共有サービス / Photo share service  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白鷹 靖子 / Yasuko Shirataka / シラタカ ヤスコ
第1著者 所属(和/英) 津田塾大学大学院 (略称: 津田塾大)
Tsuda College (略称: Tsuda College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 葉月 / Hazuki Konishi / コニシ ハヅキ
第2著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda College (略称: Tsuda College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根原 愛理 / Airi Sonehara / ソネハラ アイリ
第3著者 所属(和/英) 津田塾大学大学院 (略称: 津田塾大)
Tsuda College (略称: Tsuda College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小舘 亮之 / Akihisa Kodate / コダテ アキヒサ
第4著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda College (略称: Tsuda College)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 並河 大地 / Daichi Namikawa / ナミカワ ダイチ
第5著者 所属(和/英) NTTサイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber solution Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 南 裕也 / Hiroya Minami / ミナミ ヒロヤ
第6著者 所属(和/英) NTTサイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber solution Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 下村 道夫 / Michio Shimomura / シモムラ ミチオ
第7著者 所属(和/英) NTTサイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber solution Laboratories (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 15:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2011-88 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会