電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 11:40
隣接関係を保存した無線ノード位置推定手法の性能評価
伊藤 啓桧垣博章東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線マルチホップネットワークにおいて,各無線ノードの位置を推定する手法が提案されているが,その多くが位置が既知の基準ノードからの距離に基づいて各無線ノードの位置を独立に推定する.この方法では,個々の推定誤差が小さくても無線ノード対の隣接関係が保存されないために,ルーティング等の応用において誤りを生じることがある.本論文では,隣接関係を保存する位置推定を実現するために,隣接関係から導かれる無線ノード位置を未知数とする連立不等式をより小さな計算量で解く手法を提案する.ここでは,直線上に配置された無線ノード集合を対象とし,隣接関係では位置関係を特定できない無線ノード集合をひとつの無線ノードへ集約し,集約された無線ノードの列を推定した上で充足するべき連立不等式を解く問題へと変換することにより計算量を削減している.実験により,提案手法が推定位置誤差を大きく拡大することなく,隣接関係を保存した計算時間の短い位置推定を実現することを示す. 
(英) In wireless multihop networks, various methods for estimation of locations of wireless nodes have been proposed. Most of them estimate the location of each wireless node independently of the others. Hence, even though the error of the estimation is so small, the neighbor relations among the wireless nodes are not always preserved. This paper proposes a novel method of location estimation in which neighbor relations among the nodes are preserved. Here, for reduction of computational complexity, before calculation of the locations, the sequence of wireless nodes on a line is estimated. Results of experiments show that the proposed algorithm achieves neighbor-relation preserving location estimation with shorten calculation time.
キーワード (和) 無線マルチホップネットワーク / 位置推定 / / / / / /  
(英) Wireless Multihop Networks / Location Estimation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 469, IN2011-143, pp. 37-42, 2012年3月.
資料番号 IN2011-143 
発行日 2012-03-01 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 隣接関係を保存した無線ノード位置推定手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Topology Estimation in MANETs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / Wireless Multihop Networks  
キーワード(2)(和/英) 位置推定 / Location Estimation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 啓 / Kei Itoh /
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki /
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-143 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会