お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-08 10:30
インネットワーク誘導のためのコンテンツ/ロケーションマッピングに関する一検討
川端弘樹橋本憲祐高木由美太田 能玉置 久神戸大NS2011-214
抄録 (和) 新世代ネットワークのためのインネットワーク誘導技術としてBreadcrumbs(BC)方式が提案されている.BC方式ではコンテンツ取得に先立ち,サーバロケーションを解決し,サーバへクエリを送信する.サーバへの経路上で,キャッシュへの誘導情報(Breadcrumbs : BC)が存在すれば,クエリはキャッシュ方向へ誘導される.もし,クエリが最初からキャッシュロケーションを目指せば,サーバ負荷,コアネットワークのトラヒック量のさらなる削減が期待できる.そこで本稿では,サーバロケーションに加え,キャッシュロケーショ ンも解決する機能を持つマッピングサーバ(MSCR: Mapping Server with Cache-ocation Resolution)を提案し,シミュレーションによる性能評価を示す.シミュレーション結果から,MSCRによるサーバ負荷,コアネットワークのトラヒック量の減少を確認できた. 
(英) Breadcrumbs (BC) scheme has been proposed for content distribution in next-generation networks. In BC scheme, when a user obtains a content via networks, first, by using Mapping Server (MS), he/she needs to resolve a location of a server which stores the content and then issues a query toward the server. If the query encounters a corresponding BC on the way to the server, it is guided along the BC trail toward a cache which may store the content. If the query heads toward a prospective cache initially instead of the server, it is expected that the server load and traffic of core-networks can be reduced. In this paper, we study a MS to resolve cache-locations in addition to server-locations, which we call ``MSCR: Mapping Server with Cache-location Resolution.'' Simulation results show that MSCR can suppress server-load and traffic of core-network compared with MS.
キーワード (和) コンテンツ/ロケーション解決 / Breadcrumbs / マッピングサーバ / キャッシュ / HANA / / /  
(英) Content-location resolution / Breadcrumbs / Mapping server wirh Cache-location Resolution / Cache / HANA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 468, NS2011-214, pp. 197-201, 2012年3月.
資料番号 NS2011-214 
発行日 2012-03-01 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-214

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2012-03-08 - 2012-03-09 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagia 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インネットワーク誘導のためのコンテンツ/ロケーションマッピングに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Content/Location Mapping for In-network Guidance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ/ロケーション解決 / Content-location resolution  
キーワード(2)(和/英) Breadcrumbs / Breadcrumbs  
キーワード(3)(和/英) マッピングサーバ / Mapping server wirh Cache-location Resolution  
キーワード(4)(和/英) キャッシュ / Cache  
キーワード(5)(和/英) HANA / HANA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川端 弘樹 / Hiroki Kawabata / カワバタ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 憲祐 / Kensuke Hashimoto / ハシモト ケンスケ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 由美 / Yumi Takaki / タカキ ユミ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 能 / Chikara Ohta / オオタ チカラ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉置 久 / Hisashi Tamaki / タマキ ヒサシ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-08 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-214 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.197-201 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2012-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会