電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-06 09:45
ビデオ通信環境における対人印象の規定因に関する探索的実験研究 ~ 第三者に対する映像呈示と音声呈示の比較 ~
松田昌史NTT)・八重樫海人大坊郁夫阪大)・三上 弾熊野史朗大塚和弘大和淳司NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本稿は,ビデオ通信環境における利用者間の位置関係の共有が,利用者に対する印象形成に影響を与えることを実証するものである.
一般的なビデオチャットシステムでは,利用者が3人以上になった場合に利用者間の位置関係を保存することが難しい.
そのため,自然な身振りや視線といった非言語情報で会話の調整を行うことができず,発話による言語情報で補償する.
そのような不自然なコミュニケーション行動は利用者本人の印象を悪化させることになると考えられる.
そこで,実際に発話が不自然になっていることを実験によって確かめた.
実験では3者が対話する映像を録画したものを第三者に提示して印象評定を行わせた.
映像を提示する際は,映像と音声を提示する条件と音声のみを提示する条件を設けた.
発話が不自然になっているならば,両条件で同じように印象が低下するはずである.
一方,発話が不自然になってないならば,その差は身振り等の視覚情報に表れるはずなので,映像&音声条件においてのみ印象が低下するはずである.
実験の結果,両条件で印象が低下し,我々の仮説が支持された. 
(英) This article demonstrated that people's impression towards a parson using a video communication system affected by the feature whether the system share the positional relationship between users.
It is difficult to share the positional relationship when more than three users in a video communication system.
Therefore, the users cannot control their conversation with non-linguistic information, such as gestures and gazes.
Instead, they compensate by the utterance.
We hypothesized that such unnatural communication behaviors reduced the impression towards them, and conducted an experiment to confirm it.
The result supported our hypothesis.
キーワード (和) 実験研究 / 集団討議 / 対人印象 / ビデオ・コミュニケーション / t-Room / / /  
(英) Experimental study / group discussion / interpersonal impression / video communication / t-Room / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 464, HCS2011-76, pp. 49-54, 2012年3月.
資料番号 HCS2011-76 
発行日 2012-02-27 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2012-03-05 - 2012-03-06 
開催地(和) ホテルウェルシーズン浜名湖 
開催地(英)  
テーマ(和) 『身体,あそび,コミュニケーション』およびコミュニケーション一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2012-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビデオ通信環境における対人印象の規定因に関する探索的実験研究 
サブタイトル(和) 第三者に対する映像呈示と音声呈示の比較 
タイトル(英) An exploratory experimental study on determinants of interpersonal impression among video communication users 
サブタイトル(英) Comparison of the video and audio stimuli 
キーワード(1)(和/英) 実験研究 / Experimental study  
キーワード(2)(和/英) 集団討議 / group discussion  
キーワード(3)(和/英) 対人印象 / interpersonal impression  
キーワード(4)(和/英) ビデオ・コミュニケーション / video communication  
キーワード(5)(和/英) t-Room / t-Room  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 昌史 / Masafumi Matsuda / マツダ マサフミ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八重樫 海人 / Kaito Yaegashi / ヤエガシ カイト
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坊 郁夫 / Ikuo Daibo / ダイボウ イクオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 弾 / Dan Mikami / ミカミ ダン
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊野 史朗 / Shiro Kumano / クマノ シロウ
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 和弘 / Kazuhiro Otsuka / オオツカ カズヒロ
第6著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和 淳司 / Junji Yamato / ヤマト ジュンジ
第7著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-06 09:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2011-76 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2012-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会