電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-02 15:15
RF直交アンダーサンプリング法によるスペクトラムセンシング技術の検討
奥泉良一東京理科大)・山口 陽NTT)・村口正弘東京理科大エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2011-188
抄録 (和) 無線システムの多様化に伴い注目されてきているコグニティブ無線では、バンドの使用状態を把握するスペクトラムセンシングがキー技術の一つである。様々な規格の無線方式が利用されている状況下において、より柔軟な電波環境の認識や適応制御を行う為には、周波数スペクトラムの検出のみならず、無線方式の識別も必要な機能の一つとして考えられる。そこで、我々は、直交変調波から直接、I/Qベースバンド信号を抽出するRF直交アンダーサンプリング法を用いたスペクトラムセンシング技術について検討した。本技術は、被サンプリング信号で得られたI/Qベースバンド信号の包絡線から直交変調信号の搬送波周波数、変調方式、シンボルレートを広帯域に亘り、数値演算で推定するものである。本稿では、提案技術の原理を述べるとともに、その基本となるI/Qベースバンド信号の包絡線の測定結果とオフラインの数値演算による推定結果を示す。 
(英) Cognitive radio has been focused on due to diversification of wireless systems. Spectrum sensing is one of the key techniques to check spectrum usage status over a frequency band. For more flexible supervision of radio waves and adaptive receiver, it is considered as a required function not only to detect spectrum usage but also to distinguish modulation types even in conditions of using various types of standards for wireless systems. We have considered novel spectrum sensing techniques using RF direct quadrature undersampling that can extract individual in- and quadrature-phase baseband signals from a quadrature-modulated RF carrier. By numerical analysis utilizing an envelope of I/Q baseband signals obtained by sampled signals, the techniques can estimate unknown information of QAM signals, such as a carrier frequency, modulation, and a symbol rate. In this paper, the principles of our proposed techniques are described. The both measured and estimated results to show the validity of the techniques are also reported.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 直交振幅変調 / 受信機 / サンプリング法 / スペクトラムセンシング / / /  
(英) Cognitive Radio / Quadrature Amplitude Modulation / Receivers / Sampling Methods / Spectrum Sensing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 458, MW2011-188, pp. 115-120, 2012年3月.
資料番号 MW2011-188 
発行日 2012-02-23 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2012-03-01 - 2012-03-02 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2012-03-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RF直交アンダーサンプリング法によるスペクトラムセンシング技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spectrum Sensing Techniques using RF Direct Quadrature Undersampling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) 直交振幅変調 / Quadrature Amplitude Modulation  
キーワード(3)(和/英) 受信機 / Receivers  
キーワード(4)(和/英) サンプリング法 / Sampling Methods  
キーワード(5)(和/英) スペクトラムセンシング / Spectrum Sensing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥泉 良一 / Ryoichi Okuizumi / オクイズミ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo Univesity of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 陽 / Yo Yamaguchi / ヤマグチ ヨウ
第2著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村口 正弘 / Masahiro Muraguchi / ムラグチ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo Univesity of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-02 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2011-188 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2012-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会