お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-02 16:35
2出力情報源と2入力1出力通信路における情報源・通信路符号化の分離可能条件について
岩田賢一森 伸福井大IT2011-83 ISEC2011-110 WBS2011-84
抄録 (和) 小文では,2個の出力端子を有する一般情報源と2入力1出力端子を有する一般通信路に対して,
情報源$\cdot$通信路同時符号を用いて伝送可能となるある必要条件と情報源$\cdot$通信路分離符号を
用いて伝送可能となるある十分条件を情報スペクトル的方法を用いて述べる.
この必要条件と十分条件が漸近的に0に近づく項を除いて一致する条件を述べ,
この意味において分離可能となる条件を示す.
また,漸近的に0に近づく項を除いて伝送可能でるための必要条件と十分条件が一致する具体的な例として,
情報源の2個の出力端子からの出力が互いに独立である場合
と通信路が2つの独立な1入力1出力の通信路で構成される場合について確認する. 
(英) This paper considers a separation theorem for a communication system
of general sources with two-output terminals and general channels code
with two-input terminals and one-output terminals
We characterize a necessary condition for transmissibility with joint source-channel coding
and a sufficient condition for transmissibility with separate source-channel coding.
We describe a condition that our sufficient condition coincides
with our necessary condition
if we disregard some asymptotically vanishing terms appearing in these conditions.
キーワード (和) 情報源$\cdot$通信路同時符号 / 情報源$\cdot$通信路分離符号 / Slepian-Wolf情報源符号化 / 多重アクセス通信路 / / / /  
(英) joint source-channel code / separate source-channel code / Slepian-Wolf source coding / multiple-access channel coding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 454, IT2011-83, pp. 231-236, 2012年3月.
資料番号 IT2011-83 
発行日 2012-02-23 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2011-83 ISEC2011-110 WBS2011-84

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2012-03-01 - 2012-03-02 
開催地(和) 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般:情報通信基礎サブソサイエティとの合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2012-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2出力情報源と2入力1出力通信路における情報源・通信路符号化の分離可能条件について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A note on separation conditions of source and channel coding for sources with two-output terminal and channels with two-input and one-output terminals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報源$\cdot$通信路同時符号 / joint source-channel code  
キーワード(2)(和/英) 情報源$\cdot$通信路分離符号 / separate source-channel code  
キーワード(3)(和/英) Slepian-Wolf情報源符号化 / Slepian-Wolf source coding  
キーワード(4)(和/英) 多重アクセス通信路 / multiple-access channel coding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 賢一 / Ken-ichi Iwata / イワタ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 伸 / Nobu Mori / モリ ノブ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-02 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2011-83,IEICE-ISEC2011-110,IEICE-WBS2011-84 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.454(IT), no.455(ISEC), no.456(WBS) 
ページ範囲 pp.231-236 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2012-02-23,IEICE-ISEC-2012-02-23,IEICE-WBS-2012-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会