お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-01 13:00
明度差を考慮した対話型配色支援システムの一方式
三鴨 貴泉 太郎荒川 薫原島 博明大SIS2011-58
抄録 (和) 対話型進化計算を用いて,Webなどの図案の配色を支援するシステムを提案する。このシステムは,図案で描かれた各領域の明度を利用者の希望に合わせて設定できるものである。ここで明度差を考慮することにより,視覚障害者でも容易に領域の識別が可能となる配色を行うことができる。明度により領域を識別しやすくするためには、各領域の明度差を大きく設定する必要があるが、四色定理より、領域の塗分けには少なくとも4レベルの明度が必要となるため、各レベルの明度差には限界がある。そこで、対話型進化計算を用い、このように限界のある明度差を用いても利用者にとって望ましい明度配置ができるようにする。さらに、色情報を付加し、明度・色ともに利用者にとって望ましい配色を行うシステムを提案する。 
(英) We propose a method to support the color scheme of designs such as Web pages using interactive evolutionary computing. This system can set the brightness of each region depicted in the design considering the user’s intension. Using the difference in brightness, this system enables color vision defectives to identify each area in graphical designs. In order to make each region distinguishable by its brightness, the difference of the brightness should be set at large, however the range of the difference is limited, because at least four levels are required to distinguish any patterns of design on the basis of four-color theorem. Thus, interactive evolutionary computing is newly introduced to allocate the four-level brightness with limited difference in order to make the design comprehensible on the basis of the user’s subjective criteria. Moreover, color information is added to realize a system which can optimize the allocation of both the brightness and the color considering the user’s intention and taste.
キーワード (和) 対話型進化計算 / 配色 / 明度差 / Webデザイン / 色覚バリアフリー / / /  
(英) interactive evolutionary computing / color scheme / difference in brightness / web design / color accessibility / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 457, SIS2011-58, pp. 25-30, 2012年3月.
資料番号 SIS2011-58 
発行日 2012-02-23 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2011-58

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2012-03-01 - 2012-03-02 
開催地(和) 東京都市大学渋谷サテライトクラス 
開催地(英) Shibuya Satellite Class, Tokyo City Univ. 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2012-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 明度差を考慮した対話型配色支援システムの一方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for Interactive Color Arrangement System Considering Difference of Brightness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話型進化計算 / interactive evolutionary computing  
キーワード(2)(和/英) 配色 / color scheme  
キーワード(3)(和/英) 明度差 / difference in brightness  
キーワード(4)(和/英) Webデザイン / web design  
キーワード(5)(和/英) 色覚バリアフリー / color accessibility  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三鴨 貴 / Takashi Mikamo / ミカモ タカシ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 太郎 / Taro Izumi / イズミ タロウ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 薫 / Kaoru Arakawa / アラカワ カオル
第3著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原島 博 / Hiroshi Harashima / ハラシマ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-01 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2011-58 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2012-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会