お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-01 14:10
エッジ保存を考慮した単一画像の再構成型超解像
藤原英晃近藤克哉鳥取大SIS2011-61
抄録 (和) 本報告では,エッジ保存を考慮した超解像法を提案する.超解像推定した画像はダウンサンプリングした場合,原画像と同じ低解像度画像を生成するという再構成制約に基づき,超解像を推定する.ビデオなどから得られる複数フレームの入力画像を必要とする手法があるが, 唯1枚から行わなければならない場合もある.本手法は,1枚の入力画像のみを用いて超解像を行う手法を提案する.
画像の拡大や高解像度化する場合,エッジにはボケやジャギーのアーチファクト等が生じ,結果として不自然に見える.そこで本報告では,そのようなアーチファクトを抑制するために,(i)類似構造の探索とそのデータの組み合わせ,(ii)Bilateral-Filter,(iii)アーチファクトの少ないエッジへの変換の3つの処理を行う.これらの処理は原画像のエッジを保存するために行う.最後に,Iterative Back-Projectionを用いて誤差が小さくなるように高解像度画像を推定する.従来法に比べてアーチファクト等が抑制された結果を示し,提案法の有効性を確認する. 
(英) In this report, we present a method for a single image super-resolution based on reconstruction with edge preservation. For image enlargement and super-resolution, artifacts such as a jaggy and blur are often generated, especially along an edge. Therefore, in order to reduce such artifacts, the proposed method consists of (i) bilateral-filtering, (ii) detection of similar structure and data fusion, (iii) edge transformation. These processing are performed to preserve original edge patterns. And we use an iterative back projection to minimize the reconstruction error. Finally, we show some simulation results with less jaggy than a conventional method.
キーワード (和) 単一画像 / 類似構造 / エッジ保存 / 反復逆投影法 / / / /  
(英) Single Image / Similar Structure / Edge Preservation / Iterative Back Projection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 457, SIS2011-61, pp. 43-48, 2012年3月.
資料番号 SIS2011-61 
発行日 2012-02-23 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2011-61

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2012-03-01 - 2012-03-02 
開催地(和) 東京都市大学渋谷サテライトクラス 
開催地(英) Shibuya Satellite Class, Tokyo City Univ. 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2012-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エッジ保存を考慮した単一画像の再構成型超解像 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single Image Super-Resolution based on Reconstruction with Edge Preservation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 単一画像 / Single Image  
キーワード(2)(和/英) 類似構造 / Similar Structure  
キーワード(3)(和/英) エッジ保存 / Edge Preservation  
キーワード(4)(和/英) 反復逆投影法 / Iterative Back Projection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 英晃 / Hideaki Fujiwara / フジワラ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 克哉 / Katsuya Kondo /
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-01 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2011-61 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2012-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会