お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-01 13:20
色相を保存したRGB色空間におけるコントラスト強調法
村平宏太田口 亮東京都市大SIS2011-59
抄録 (和) カラー画像・映像信号処理において,コントラスト強調法は重要な位置を占めている.カラー画像のコントラスト強調においては,色相を保存し,色空間内における信号分布を広げる必要がある.カラー画像の取得と表示はRGBの3成分で行われるが,色相保存のためにHSI色空間等に変換してから強調処理を行うことも多い.しかしながら,表示可能性はRGB色空間へ逆変換しないと判断できず,また,色空間の変換処理を伴うため,煩雑な処理となってしまう.よって,RGB色空間で処理を行い,かつ,色相が保存できることが理想である.Naikらは,濃淡画像に対する処理を色相を保存し,RGB色空間で適用する一つの処理形態を明らかにした.この処理形態は表示可能性を保証するために処理後の画像の彩度が低下する欠点を持っている.本稿では,Naikらの色相を保存したRGB色空間での処理の考え方を用いて,彩度が低下しない新しい処理形態を提案する.新たに提案する処理形態の有効性を示すために,ヒストグラム平坦化処理を用いる.さらに,本稿では,RGB色空間における信号分布の均等性を考慮した新しいヒストグラム平坦化(均等化)法を示し,提案する処理形態のもとでその有効性を示す. 
(英) The contrast enhancement is an important role in the digital image/video processing. In color image enhancement, it is necessary that the hue and the saturation are preserved and RGB components are distributed uniformly. The contrast enhancement methods in HSI color space have been proposed. Though, these methods have Gamut problem in RGB color space. Naik et al. proposed a new framework that enables contrast enhancement for color image in RGB color space. Moreover, Han et al. proposed histogram equalization method in the framework. In this method, histogram equalization is applied to the luminance component, and a hue preserving transformation is applied to obtain RGB values. However, this method produces the low saturation image. In this paper, we propose the color image enhancement preserving hue without low saturation in RGB color space. Furthermore, the histogram equalization which considers the uniformity of RGB components is used to achieve more effective contrast enhancement.
キーワード (和) カラー画像 / コントラスト強調 / RGB色空間 / ヒストグラム平坦化 / / / /  
(英) Color Image / Contrast Enhancement / RGB Color Space / Histogram Equalization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 457, SIS2011-59, pp. 31-36, 2012年3月.
資料番号 SIS2011-59 
発行日 2012-02-23 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2011-59

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2012-03-01 - 2012-03-02 
開催地(和) 東京都市大学渋谷サテライトクラス 
開催地(英) Shibuya Satellite Class, Tokyo City Univ. 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2012-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色相を保存したRGB色空間におけるコントラスト強調法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Hue-Preserving Contrast Enhancement Method in RGB Color Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カラー画像 / Color Image  
キーワード(2)(和/英) コントラスト強調 / Contrast Enhancement  
キーワード(3)(和/英) RGB色空間 / RGB Color Space  
キーワード(4)(和/英) ヒストグラム平坦化 / Histogram Equalization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村平 宏太 / Kota Murahira / ムラヒラ コウタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-01 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2011-59 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2012-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会