お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-21 10:20
3次元中性子トモグラフィ法を用いた炭素煤堆積非破壊計測法の開発
松島宏典江崎昇二久留米高専)・内村圭一熊本大)・Cotton Jimマクマスタ大)・Harvel Glennオンタリオ工科大ITS2011-52 IE2011-128
抄録 (和) 近年,欧州では,低燃費ながら高出力を保てることから,中大型車を中心にディーゼル車の普及が進んでいる.しかし,ディーゼル車の排気ガス中には窒素酸化物などの有害物質が含まれているため,人間や環境に悪影響を及ぼす.そこで,それらの有害物質を除去するため,エンジンの燃焼技術の改善やディーゼル微粒子除去フィルタの開発が進められている.これらの開発を効率良く行うため,排出・堆積される炭素煤の付着状況を定量的に3次元で表現することが求められている.よって,本研究では,3次元中性子トモグラフィ法による炭素煤堆積の非破壊計測法について報告する. 
(英) The soot deposition in diesel exhaust systems occurs by different echanisms including convection, diffusion, turbulent diffusion, and thermophoretic effect. In this work, it proposes the three dimensional computer tomography for solving of the workings of soot deposition.
キーワード (和) 煤検出 / 3次元再構成 / 中性子ラジオグラフィ / / / / /  
(英) soot detection / three-dimensional reconstruction / neutron radiography / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 441, ITS2011-52, pp. 269-274, 2012年2月.
資料番号 ITS2011-52 
発行日 2012-02-13 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2011-52 IE2011-128

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME  
開催期間 2012-02-20 - 2012-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英) ITS Image Processsing, Image Medium, Vision, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2012-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元中性子トモグラフィ法を用いた炭素煤堆積非破壊計測法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Developing a Non-destructive Measurement Technique of Carbon Soot Deposition using a 3D Neutron Tomography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 煤検出 / soot detection  
キーワード(2)(和/英) 3次元再構成 / three-dimensional reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 中性子ラジオグラフィ / neutron radiography  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 宏典 / Kousuke Matsushima / マツシマ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National College of Technology (略称: Kurume N.C.T)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 昇二 / Shoji Esaki / エサキ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National College of Technology (略称: Kurume N.C.T)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内村 圭一 / Keiichi Uchimura / ウチムラ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Cotton Jim / Jim Cotton / Jim Cotton
第4著者 所属(和/英) マクマスタ大学 (略称: マクマスタ大)
McMaster University (略称: McMaster Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Harvel Glenn / Glenn Harvel /
第5著者 所属(和/英) オンタリオ工科大学 (略称: オンタリオ工科大)
University of Ontario Institute of Technology (略称: UOIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-21 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2011-52,IEICE-IE2011-128 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.441(ITS), no.442(IE) 
ページ範囲 pp.269-274 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2012-02-13,IEICE-IE-2012-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会