電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-16 13:00
継続時間を用いた降雨時のKa・Ku帯衛星稼働率と周波数ダイバーシティの解析
寺本卓矢中條 渉名城大)・真鍋武嗣阪府大)・山本伸一NICTSAT2011-65
抄録 (和) 継続時間を用いた降雨時のKa・Ku帯衛星稼働率と通信容量の解析を行った。最初にKa ・Ku 帯衛星と周波数ダイバーシティ衛星の稼働率と通信容量をWINDS、JCSAT-2AとASIASAT3sの時系列受信データから直接求めた。継続時間が増加しても稼働率の変化はなく、周波数ダイバーシティを行うことで通信容量の増加率が大きくなり、周波数ダイバーシティの効果が得られた。次に状態遷移マトリクスを用いて稼働率と通信容量を解析し、時系列の結果と比較した。状態遷移マトリクスを用いても稼働率と通信容量を精度よく評価できることが分かった。 
(英) Availability and communication capacity of Ka- and Ku-band satellites during rain using duration time were analyzed. First, availability and communication capacity of Ka- and Ku-band satellites and frequency diversity satellite were analyzed from time-series received data of WINDS, JCSAT-2A and ASIASAT3s. The calculated availability was almost constant when the duration time is increased. However, the communication capacity was increased by using the frequency diversity when the duration time is increased. Second, the availability and communication capacity using state transition matrix were estimated and coincided well with the result of time-series data. The availability and communication capacity when the duration time is increased were evaluated accurately using both the time-series data and state transition matrix.
キーワード (和) 衛星通信 / 状態遷移マトリクス / 継続時間 / 稼働率 / 周波数ダイバーシティ / Ku帯 / Ka帯 /  
(英) Satellite communications / State transition matrix / Duration time / Availability / Frequency diversity / Ku-band / Ka-band /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 437, SAT2011-65, pp. 1-6, 2012年2月.
資料番号 SAT2011-65 
発行日 2012-02-09 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2011-65

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2012-02-16 - 2012-02-17 
開催地(和) 三重大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2012-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 継続時間を用いた降雨時のKa・Ku帯衛星稼働率と周波数ダイバーシティの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Ka- and Ku-band satellite availability and frequency diversity during rain using duration time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communications  
キーワード(2)(和/英) 状態遷移マトリクス / State transition matrix  
キーワード(3)(和/英) 継続時間 / Duration time  
キーワード(4)(和/英) 稼働率 / Availability  
キーワード(5)(和/英) 周波数ダイバーシティ / Frequency diversity  
キーワード(6)(和/英) Ku帯 / Ku-band  
キーワード(7)(和/英) Ka帯 / Ka-band  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺本 卓矢 / Takuya Teramoto / テラモト タクヤ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
MeijoUniversity (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中條 渉 / Wataru Chujo / チュウジョウ ワタル
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
MeijoUniversity (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 武嗣 / Takeshi Manabe / マナベ タケシ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 伸一 / Shinichi Yamamoto / ヤマモト シンイチ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-16 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2011-65 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.437 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2012-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会