電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-10 10:00
手話素単位を用いた大語彙手話認識
佐藤 新篠田浩一東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 手話認識における語彙を限定しない大語彙認識の一手法を提案する.従来の手話認識手法の多くは単語HMMを用いた認識が行われているが,これらの手法では大語彙手話認識にそのまま適用することは困難である.そこで,音声の大語彙認識における音素単位に倣って,手話のさらに細かい単位である手話素単位で手話をモデル化することによって大語彙手話認識が可能になると考えられる.そこでは,手話認識に適した手話素の定義ならびに手話素を用いた認識アルゴリズムの開発が課題となる.本手法では,手話を右手・左手各々の「手の位置・動き」「手の形」「手首の向き」計6種類の要素の時系列データの組で表現し,それぞれの要素における手話素単位およびそのHMMを定義する.そして,要素ごとの出力尤度の重み付き和を認識に用いる.評価実験としてDepthカメラで撮影された258単語のアメリカ手話に対して手話の孤立単語認識を行い,語彙クローズドの条件での単語HMMによる正解率93.7%に対して提案手法では78.2%を得た.また,469単語の語彙オープンの条件での提案手法の正解率は23.6%となった.さらに,話者非依存の条件では単語HMMの正解率11.5%に対して提案手法の正解率は18.8%となった. 
(英) We propose a large vocabulary sign language recognition method. While most conventional methods used word units for sign language modeling, it is difficult to apply such methods to large-vocabulary recognition. Inspired by the use of phoneme units in speech recognition, we introduce "chereme" unit models in large-vocabulary sign language recognition. The problems are how to define cheremes and developing a recognition algorithm using cheremes. We first represent signs using the 6 elements: "hand movement-hold", "hand shape" and "wrist direction" of both hands. Then, we define chereme unit HMMs in each element. We use the weighted sum of output probabilities of the HMMs of these elements for recognition. We evaluated our method by using isolated sign language recognition. We achieved 78.2% word correct on the closed set of 258 words and 23.6% word correct on the open set with 469 words. We also achieved 18.8% word correct on speaker-independent recognition.
キーワード (和) 大語彙手話認識 / 手話素 / 隠れマルコフモデル / / / / /  
(英) large-vocabrary sign language recognition / chereme / hidden Markov model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 430, PRMU2011-222, pp. 155-160, 2012年2月.
資料番号 PRMU2011-222 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手話素単位を用いた大語彙手話認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Large Vocabrary Sign Language Recognition Based on Cheremes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大語彙手話認識 / large-vocabrary sign language recognition  
キーワード(2)(和/英) 手話素 / chereme  
キーワード(3)(和/英) 隠れマルコフモデル / hidden Markov model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 新 / Arata Sato / サトウ アラタ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TokyoTech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 浩一 / Koichi Shinoda / シノダ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TokyoTech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-10 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-222,IEICE-SP2011-137 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会