電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-10 15:50
Two-pass Approach for Recognizing Code-Switching Speech
Yonatan Andy Fajar NugrahaKoichi ShinodaSadaoki FuruiTokyo Inst. of Tech.)・Koji IwanoTokyo City Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) We propose a recognition method for code-switching utterances in multilingual speech recognition. Code-switching is the concurrent use of more than one language in a single conversation. From a linguistic point of view, the grammatical aspect of code-switching has always been an issue since there is no clear grammatical rules for it. In addition to that, the sparseness of code-switching text corpus makes it more difficult to build a language model for speech recognition.
We propose a two-pass language modeling approach that takes knowledge from monolingual language models to make a good representation of the code-switching grammar. We evaluate our proposed method using a WFST-based Indonesian-English ASR system for a computer voice command task and prove its effectiveness.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) code-switching / speech recognition / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 431, SP2011-150, pp. 225-229, 2012年2月.
資料番号 SP2011-150 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Two-pass Approach for Recognizing Code-Switching Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / code-switching  
キーワード(2)(和/英) / speech recognition  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ヌグラハ ヨナタン アンディ ファジャル / Yonatan Andy Fajar Nugraha / ヌグラハ ヨナタン アンディ ファジャル
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 浩一 / Koichi Shinoda / シノダ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古井 貞熙 / Sadaoki Furui / フルイ サダオキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩野 公司 / Koji Iwano / イワノ コウジ
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-10 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-PRMU2011-235,IEICE-SP2011-150 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.225-229 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会