電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-10 10:30
Kinectとパーティクルフィルタを用いたHMM手話認識手法の検討
西村洋介今村大輔堀内靖雄川本一彦篠崎隆宏黒岩眞吾千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文ではKinectによる手話認識手法を提案する.Kinectにより得られたRGB画像と距離情報を統合し,パーティクルフィルタにより,3次元空間上での手の位置座標を推定して,HMMにより連続手話認識を行った.その結果,従来手法であるRGB画像のみを用いたものと比較して認識精度を76.2%から86.0%に向上させることができた.また,磁気センサを用いた場合に比べ,認識精度の低下を1%以下に抑えることができた.実用的な応用を考慮した場合,磁気センサは高価で,装着するのも面倒であるが,提案手法は一般のユーザでも容易に入手可能なKinectのみを使用するため,実用的であるということが言える. 
(英) In this paper, we will introduce a sign language recognition method using Kinect which is a motion sensing input device by Microsoft. Kinect has a RGB camera and a depth sensor and therefore we can easily get 3D images of signers' motion. The positions of arms are detected from both the color image data and the depth data of each pixel using Particle Filter Algorithm. Then, sign sentences are recognized using Hidden Markov Model. In our method, the recognition rate was 86.0%, while the recognition rate in the previous study using video image only was 76.2%. On the other hand, the recognition rate using attached motion capturing sensors was 86.8% and was approximately the same as our method. These results show that our method is useful for the practical applications, since our method uses only Kinect which is not expensive and no device is attached to the signer's hand.
キーワード (和) 手話認識 / パーティクルフィルタ / 隠れマルコフモデル / Kinect / / / /  
(英) Sign Language Recognition / Particle Filter / Hidden Markov Model / Kinect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 431, SP2011-138, pp. 161-166, 2012年2月.
資料番号 SP2011-138 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Kinectとパーティクルフィルタを用いたHMM手話認識手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) HMM Sign Language Recognition Using Kinect and Particle Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手話認識 / Sign Language Recognition  
キーワード(2)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(3)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hidden Markov Model  
キーワード(4)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 洋介 / Yosuke Nishimura / ニシムラ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 大輔 / Daisuke Imamura / イマムラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 靖雄 / Yasuo Horiuchi / ホリウチ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 一彦 / Kazuhiko Kawamoto / カワモト カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠崎 隆宏 / Takahiro Shinozaki / シノザキ タカヒロ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒岩 眞吾 / Shingo Kuroiwa / クロイワ シンゴ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-10 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-PRMU2011-223,IEICE-SP2011-138 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会