電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-10 17:00
音声ドキュメント検索におけるクエリ拡張と音節認識の併用の効果
大橋宏正名大)・柘植 覚大同大)・北岡教英武田一哉名大)・北 研二徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではクエリ拡張と音節認識を併用した音声ドキュメント検索手法を提案する.
提案法では検索エンジンを用いてWebから収集したウェブページに含まれる単語によってクエリの拡張を行う.
クエリベクトルと拡張ベクトルにより張られる平面でクエリに関連する音声ドキュメント集合をモデル化し,
音声ドキュメントのベクトルとその平面との距離によりドキュメントを評価する.
更に,検索対象となる音声ドキュメントは連続単語音声認識の結果から構築されるベクトル空間だけでなく,
連続音節音声認識の結果から構築されるベクトル空間上においても表現される.
各々の空間におけるクエリと音声ドキュメント間のコサイン距離を線形補間し,
クエリ拡張と併用することによりMAP値がベースライン性能である0.393と比較して0.406に改善する結果を得た. 
(英) In this paper, we propose a spoken document retrieval method which combines query expansion with continuous syllable recognition.
The proposed method expands a query by using words from the web pages collected by a search engine.
It is assumed that relevant document vectors exist on the plane which is constructed from the query vector and the extended vector.
The weight parameter between a target document vector and a query vector is calculated for query expansion.
In addition, target documents are mapped not only to space constructed by continuous word speech recognition results,
but also to space constructed by syllable speech recognition results.
Then, we conducted spoken document retrieval experiments.
The experimental results showed that the proposed method improved the mean average precision source from the baseline 0.393 to 0.406.
キーワード (和) 音声ドキュメント検索 / ベクトル空間モデル / クエリ拡張 / 音節認識 / / / /  
(英) Spoken Document Retrieval / Vector Space Model / Query Expansion / Continuous Syllable Recognition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 431, SP2011-154, pp. 249-254, 2012年2月.
資料番号 SP2011-154 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声ドキュメント検索におけるクエリ拡張と音節認識の併用の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of continuous syllable recognition and query expansion for spoken document retrieval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声ドキュメント検索 / Spoken Document Retrieval  
キーワード(2)(和/英) ベクトル空間モデル / Vector Space Model  
キーワード(3)(和/英) クエリ拡張 / Query Expansion  
キーワード(4)(和/英) 音節認識 / Continuous Syllable Recognition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 宏正 / Hiromasa Ohashi / オオハシ ヒロマサ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柘植 覚 / Satoru Tsuge / ツゲ サトル
第2著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北岡 教英 / Norihide Kitaoka / キタオカ ノリヒデ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一哉 / Kazuya Takeda / タケダ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 研二 / Kenji Kita /
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-10 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-PRMU2011-239,IEICE-SP2011-154 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会