電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-09 16:30
[ポスター講演]スパース表現を用いた実環境における喀痰検出
山下達也田村哲嗣林 賢二西本 裕速水 悟岐阜大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人工呼吸器装着患者においては,分泌物,いわゆる痰が気道内に貯留した場合に自立的に体外へ排出することが困難なため,医療スタッフが適時気管吸引を行って貯留している痰を排出する必要がある.この喀痰の貯留は随時スタッフが肺音聴診により確認する必要があるためスタッフの負担となっている.本研究では,喀痰に由来する雑音を,スパース表現を用いた肺音解析により検出して気管吸引の最適時期を医療スタッフに知らせるシステムの開発を目指す. 
(英) It is difficult for a patient who is on ventilator to cough up sputum from one's respiratory tract by oneself. A medical staff therefore needs to monitor the patient and sometimes perform auscultation of lung sounds, in order to decide whether the staff should perform tracheal suction to remove the sputum or not. Such the medical practice requires a lot of efforts by the staff. The aim of this work is to develop a system which notifies appropriate timing for tracheal suction for the medical staff by analyzing lung sounds of the patients. We investigate a method to detect adventitious sounds using a sparse representation technique, and test the method in real environments.
キーワード (和) 肺音 / 副雑音 / 喀痰 / 実環境 / スパース表現 / フロー / /  
(英) Lung sounds / Adventitious sounds / Sputum / Real environment / Sparse representation / Flow / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 431, SP2011-132, pp. 135-138, 2012年2月.
資料番号 SP2011-132 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スパース表現を用いた実環境における喀痰検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sputum detection in real environment using sparse representation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 肺音 / Lung sounds  
キーワード(2)(和/英) 副雑音 / Adventitious sounds  
キーワード(3)(和/英) 喀痰 / Sputum  
キーワード(4)(和/英) 実環境 / Real environment  
キーワード(5)(和/英) スパース表現 / Sparse representation  
キーワード(6)(和/英) フロー / Flow  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 達也 / Tatsuya Yamashita / ヤマシタ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 哲嗣 / Satoshi Tamura / タムラ サトシ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 賢二 / Kenji Hayashi / ハヤシ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 裕 / Yutaka Nishimoto / ニシモト ユタカ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 速水 悟 / Satoru Hayamizu / ハヤミズ サトル
第5著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-09 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-PRMU2011-217,IEICE-SP2011-132 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.135-138 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会