電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-09 16:30
[ポスター講演]分岐ノードにおけるクラス間の分布を考慮したRandom Forestsの高精度化
三品陽平山内悠嗣藤吉弘亘中部大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,パターン認識の分野において,大規模なデータベースから効率良く識別器を構築できるRandom
Forests が多く利用されている.Random Forests では,決定木の分岐関数の選択において分岐したサンプルの情報利得により評価している.しかし,情報利得はクラスの生起確率に基づいて算出されるため,分岐関数のしきい値とサンプルの分布の関係性が考慮されていない.そのため,分岐関数のしきい値とクラスが近く分布している場合,未知入力サンプルとしきい値の関係が反転し誤識別する可能性がある.そこで,本研究ではサンプルの分布に着目し,クラス間の距離を評価するために分離度を導入する.これにより,しきい値とクラス間が離れて分布するような汎化性能の高い分岐関数を選択できるため識別性能の向上が期待できる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) Random Forests / 分離度 / マルチクラス識別器 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 430, PRMU2011-210, pp. 121-122, 2012年2月.
資料番号 PRMU2011-210 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分岐ノードにおけるクラス間の分布を考慮したRandom Forestsの高精度化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving Random Forests by Introducing of Distribution Between 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Random Forests /  
キーワード(2)(和/英) 分離度 /  
キーワード(3)(和/英) マルチクラス識別器 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三品 陽平 / Yohei Mishina / ミシナヨ ウヘイ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 悠嗣 / Yuji Yamauchi / ヤマウチ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 弘亘 / Hironobu Fujiyoshi / フジヨシ ヒロノブ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-09 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-210,IEICE-SP2011-125 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.121-122 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会