電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-09 13:00
時分割多重を用いる単一受信機によるアダプティブアレーのスイッチ切換方法に関する検討
古賀健一東海理化/名工大)・菊間信良平山 裕榊原久二男名工大)・古池竜也岩下明暁水野善之東海理化AP2011-188
抄録 (和) 従来のアダプティブアレーアンテナでは,フィルタ,アンプ,ダウンコンバータ,AD コンバータ等の回路がアンテナごとに必要となるため,1 アンテナのシステムと比較し大規模なアナログ回路が必要となるという課題が存在する.これを解決する方法として,スイッチによる時分割多重を用い,アンプとフィルタ以外を共用し1 系統化することで,アナログ回路を削減する手法について検討を行った.過去の検討では,スイッチON 時間を長くとる場合に生じる各アンテナの受信信号の混合を除去する方法について定式化し,シミュレーションにより効果を確認した.本検討では混合を除去するのではなく,受信信号に応じてスイッチの切換順序を適切に制御することで,信号対雑音比を高める方法について提案する.そして,シミュレーションにより従来法と提案法の特性を比較し,提案法の有効性を明らかにする. 
(英) A conventional adaptive array antenna system needs the analog circuits, such as the filter, amplifier, down converter and AD converter, for each antenna. Accordingly, it is a problem that the scale of the analog circuits for the conventional adaptive array antenna system is larger than the one for the single antenna system. In the past study, the method of scale reduction of the analog circuits, which are time-division multiplexed and shares the parts except the amplifier and the filter, was proposed. In that study, the separation technique for the mixtures of the each antenna's signal, caused by the extension of switch-on time, was formulated. And its usefulness was shown by simulation. In this paper, we propose the method of signal-to-noise ratio improvement by the optimization of the switching order according to the received signals. The proposed method does not separate the mixed signals. Via computer simulation, it is confirmed by the comparison with the conventional method that our proposed method is effective.
キーワード (和) 時分割多重 / 切換スイッチ / アダプティブアレー / 単一受信機 / アナログ回路削減 / / /  
(英) time-division multiplexing / switching / adaptive array / single receiver / scale reduction of analog circuits / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 429, AP2011-188, pp. 31-36, 2012年2月.
資料番号 AP2011-188 
発行日 2012-02-02 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2011-188

研究会情報
研究会 AP ITE-BCT  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) NHK広島 
開催地(英) NHK Hiroshima 
テーマ(和) 放送技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-02-AP-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時分割多重を用いる単一受信機によるアダプティブアレーのスイッチ切換方法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Switching Methods for an Adaptive Array with a Single Receiver Using Time-Division Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時分割多重 / time-division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) 切換スイッチ / switching  
キーワード(3)(和/英) アダプティブアレー / adaptive array  
キーワード(4)(和/英) 単一受信機 / single receiver  
キーワード(5)(和/英) アナログ回路削減 / scale reduction of analog circuits  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 健一 / Ken-ichi Koga / コガ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 株式会社東海理化/名古屋工業大学 (略称: 東海理化/名工大)
Tokai Rika Co., Ltd.,/Nagoya Institute of Technology (略称: Tokai Rika/NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 裕 / Hiroshi Hirayama / ヒラヤマ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 古池 竜也 / Tatsuya Koike / コイケ タツヤ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co., Ltd., (略称: Tokai Rika)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩下 明暁 / Hiroaki Iwashita / イワシタ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co., Ltd., (略称: Tokai Rika)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 善之 / Yoshiyuki Mizuno / ミズノ ヨシユキ
第7著者 所属(和/英) 株式会社東海理化 (略称: 東海理化)
Tokai Rika Co., Ltd., (略称: Tokai Rika)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-09 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-188 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.429 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会