電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-09 11:00
非言語情報を用いたHMMによるユーザ発話前内部状態の推定
千葉祐弥東北大)・伊藤 仁東北工大)・伊藤彰則東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,音声対話システムにおけるユーザの発話前内部状態を推定する手法について述べる.実環境におけるシステム主導型対話システムのプロンプトは,たびたびユーザを混乱させる.一般的な対話システムは入力に時間が掛かっているユーザに対してより詳細な内容の情報を提示するなどの補助を行うが,これらの補助はプロンプトに対する入力を考えているユーザにとってはわずらわしいものとなる.適切な応対を行うためには,システムは発話前のユーザ内部状態を考慮できなくてはならない.従来のユーザモデル研究は発話の言語的な情報に注目してきた.このアプローチの問題の一つはユーザの内部状態が入力発話の終了まで待たないと推定できないことである.したがって,本研究ではユーザ発話が起こる前のフィラーや無音区間,頭部運動などのユーザの非言語的な情報に着目する.本稿では,これまで検討してきた固定長の特徴量を時系列特徴として構築し直し,隠れマルコフモデルによってユーザモデルの推定を行う.被験者に対してopen な識別実験を行ったところ,79.6% の識別精度を得た. 
(英) This paper describes a method for estimating the internal state of the user of a spoken dialog system before his input utterance. In the practical use of dialogue-based system, the user often perplexed with the prompt. An ordinary system provides more detailed information to the user taking time to input, but these helps are meddlesome for the user considering the answer to the prompt. To make appropriate response, the spoken dialogue system have to be able to consider the user's internal state before user's input. The conventional researches on user modeling have focused on the linguistic information of the utterance. One problem of these approaches is that it cannot estimate the user's states until the end of the user's first utterance. Therefor, our study focused on the user's non-verbal output such as fillers, silence or head-moving until the occurrence of user's input utterance. This paper describes the method of the user modeling by HMM. We conducted the examination discrimination, and obtained the accuracy of 79.6%.
キーワード (和) 音声対話 / ユーザモデル / 音声処理 / 画像処理 / / / /  
(英) spoken dialogue / user modeling / speech processing / image processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 430, PRMU2011-187, pp. 7-12, 2012年2月.
資料番号 PRMU2011-187 
発行日 2012-02-02 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 時系列パターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-02-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非言語情報を用いたHMMによるユーザ発話前内部状態の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of a User's Internal State before the First Input Utterance Using HMM with Non-verbal Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声対話 / spoken dialogue  
キーワード(2)(和/英) ユーザモデル / user modeling  
キーワード(3)(和/英) 音声処理 / speech processing  
キーワード(4)(和/英) 画像処理 / image processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 祐弥 / Yuya Chiba / チバ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 仁 / Masashi Ito / イトウ マサシ
第2著者 所属(和/英) 東北工業大学 (略称: 東北工大)
Tohoku institute of technology (略称: Totec.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰則 / Akinori Ito / イトウ アキノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-09 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-187,IEICE-SP2011-102 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.430(PRMU), no.431(SP) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-02-02,IEICE-SP-2012-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会