電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-27 14:50
広帯域・多分岐・低消費電力を実現する10G‐EPONシステムの動作検証
伊藤 猛氏川裕隆光井 隆田代隆義原 一貴田所将志西原 晋太田憲行坂本 健鈴木謙一NTT)・佐藤洋志小島良晃森 秀紀NTT-AT)・吉本直人NTT
抄録 (和) 本報告では,10G-EPONシステムに求められる要求条件について,システムレベルの標準化であるSIEPONで議論している内容を中心にその背景となる要求条件を示した.また,これら機能を搭載した装置を用いて,1G ONU62台,10G ONU2台をOLTに接続した多分岐接続構成で,双方向非圧縮ハイビション映像伝送,IP電話,及びファイル転送を行い,サービスポリシーの異なるサービスを収容可能であることを示した.また,ONUスリープ動作によりONUの電力を約30%削減可能であることを示した.これらの結果により,10G-EPONシステムの広帯域動作,多分岐化による64台ONU接続を実現するDBA,及び低消費電力化を実現するONUスリープ機能が動作可能であることを示した. 
(英) In this paper, requirements for 10G-EPON system based on system- level interoperability on GE-PON and 10G-EPON (SIEPON) standardization were summarized. Triple play services of non-compression high-definition video transmission, IP phone service, and the file-transfer, which have their different service policies, were demonstrated using 10G OLT simultaneously connecting to sixty-two 1G ONUs and two 10G ONUs by way of 1x64 optical splitter. In addition to this, ONU sleep was successfully demonstrated, which exhibited about 30% power reduction. These experimental results show that the accommodation of broadband services with the 10G-EPON system, the 64 ONUs connection to a OLT using dynamic bandwidth allocation (DBA) and the ONU sleep technology that enables to reduce power consumption of ONU can be realized.
キーワード (和) IEEE802.3ah / IEEE802.3av / IEEE P 1904.1 / 10G-EPON / 混在収容 / ONUスリープ / 帯域割当 /  
(英) IEEE802.3ah / IEEE802.3av / IEEE P 1904.1 / 10G-EPON / co-existence / ONU sleep / bandwidth allocation /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 410, CS2011-96, pp. 79-84, 2012年1月.
資料番号 CS2011-96 
発行日 2012-01-19 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館 
開催地(英) ISESHI-KANKOUBUNKAKAIKAN 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアクセス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、アナログ光伝送、量子通信、一般 
テーマ(英) Core/metro system, Optical access system/next generation PON, Broadband access system, (Wide area)Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Analog optaical transmission, Quantum communication etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域・多分岐・低消費電力を実現する10G‐EPONシステムの動作検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of a 10G-EPON system which realizes high-speed transmission, higher splitting ratio, and power saving of ONU. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.3ah / IEEE802.3ah  
キーワード(2)(和/英) IEEE802.3av / IEEE802.3av  
キーワード(3)(和/英) IEEE P 1904.1 / IEEE P 1904.1  
キーワード(4)(和/英) 10G-EPON / 10G-EPON  
キーワード(5)(和/英) 混在収容 / co-existence  
キーワード(6)(和/英) ONUスリープ / ONU sleep  
キーワード(7)(和/英) 帯域割当 / bandwidth allocation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 猛 / Tsuyoshi Ito / イトウ ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 氏川 裕隆 / Hirotaka Ujikawa / ウジカワ ヒロタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 光井 隆 / Takashi Mitsui / ミツイ タカシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 隆義 / Takayoshi Tashiro / タシロ タカヨシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 一貴 / Kazutaka Hara / ハラ カズタカ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田所 将志 / Masashi Tadokoro / タドコロ マサシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 西原 晋 / Susumu Nishihara / ニシハラ ススム
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 憲行 / Noriyuki Oota / オオタ ノリユキ
第8著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 健 / Takeshi Sakamoto / サカモト ケン
第9著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 謙一 / Ken-Ichi Suzuki / スズキ ケンイチ
第10著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 洋志 / Hiroshi Sato / サトウ ヒロシ
第11著者 所属(和/英) NTTアドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT-AT)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 良晃 / Yoshiaki Kojima / コジマ ヨシアキ
第12著者 所属(和/英) NTTアドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT-AT)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 秀紀 / Hidenori Mori / モリ ヒデノリ
第13著者 所属(和/英) NTTアドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT-AT)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 直人 / Naoto Yoshimoto /
第14著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-27 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2011-96 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.410 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会