お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-27 10:15
MIMO処理技術を用いた偏波多重光伝送方式におけるフィードバック制御による偏波変動追従速度の高速化
竹島公貴高橋英憲森田逸郎KDDI研)・田中英明トヨタIT開発センターCS2011-92
抄録 (和) 光伝送システムにおいて周波数利用効率を向上させる方法として偏波多重伝送方式の検討が広く行われている.さらにデジタル・コヒーレントシステムではMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)処理技術を用いた偏波分離も可能であり,そのような偏波分離を行うために送信信号系列に周期的に挿入したトレーニングシンボルと呼ばれる既知の信号系列を用いる方式がある.しかし,本方式はトレーニングシンボル間隔内の偏波変動が大きくなると適切に偏波分離が行えない.本稿では,トレーニングシンボル間隔を一定にした上で追従可能な偏波変動速度の評価を行い,さらに許容速度を超える変動が生じた場合の対策としてフィードバック制御を用いた偏波変動追従速度の高速化方式を提案する.実験により提案方式はフィードバック制御を用いない従来方式に比べ,5倍の偏波変動速度にも追従可能であることを示す. 
(英) Polarization-division-multiplexing (PDM) has received widespread attention as an effective way to double spectral efficiency in optical transmission systems. Recently it has been shown that in combination with coherent detection, PDM systems can be described as multiple-input multiple-output (MIMO) systems. For PDM systems with MIMO processing, channel estimation is required at receivers. One of the methods used to enable the channel estimation is periodically inserting a piece of known data, namely training symbol (TS) in data stream at transmitters. In this polarization demultiplexing method, the channel estimation error may increase when the channel variance due to a state of polarization (SOP) change is large within TS spacing. In this paper, we experimentally evaluate tolerable SOP changing speed, and propose a faster polarization tracking with feedback method to tolerate larger SOP changes. Based on the experimental results, we confirm that the proposed method can improve the tolerance for SOP changes compared to a conventional non-feedback method.
キーワード (和) 偏波多重光伝送方式 / MIMO処理 / 偏波分離 / トレーニングシンボル / フィードバック制御 / / /  
(英) Polarization-division-multiplexing / MIMO processing / Polarization demultiplexing / Training symbol / Feedback / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 410, CS2011-92, pp. 61-66, 2012年1月.
資料番号 CS2011-92 
発行日 2012-01-19 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2011-92

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館 
開催地(英) ISESHI-KANKOUBUNKAKAIKAN 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアクセス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、アナログ光伝送、量子通信、一般 
テーマ(英) Core/metro system, Optical access system/next generation PON, Broadband access system, (Wide area)Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Analog optaical transmission, Quantum communication etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO処理技術を用いた偏波多重光伝送方式におけるフィードバック制御による偏波変動追従速度の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Faster Polarization Tracking with Feedback Method in Polarization-Division-Multiplexed Transmission Systems with Multiple-Input Multiple-Output Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 偏波多重光伝送方式 / Polarization-division-multiplexing  
キーワード(2)(和/英) MIMO処理 / MIMO processing  
キーワード(3)(和/英) 偏波分離 / Polarization demultiplexing  
キーワード(4)(和/英) トレーニングシンボル / Training symbol  
キーワード(5)(和/英) フィードバック制御 / Feedback  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹島 公貴 / Koki Takeshima / タケシマ コウキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英憲 / Hidenori Takahashi / タカハシ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 逸郎 / Itsuro Morita / モリタ イツロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 英明 / Hideaki Tanaka / タナカ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center, Co., Ltd. (略称: Toyota ITC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-27 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2011-92 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.410 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会