お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-27 16:45
ヒト血漿試料からのRNAウイルス検出における導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いた感度向上効果
遠藤太一菅原俊継有澤準二木村主幸北海道工大)・五十嵐 治ニックスMBE2011-91
抄録 (和) 我々は,微量なウイルスに対しても検出を可能とした遺伝子増幅法を提案した.それは,日本赤十字社が輸血用血液の安全性を確保するため血漿試料を対象に行っている核酸増幅検(NAT)への応用を目的としている.具体的には,NAT過程の前段階にウイルスの捕捉・濃縮・分離が一体化で実施できる導電性中空糸膜を付加した手法を開発し,RT-LAMP法と併用した迅速で高感度な検査法をこれまで報告してきた.
本法では臨床応用を想定し,ウイルス検査試料としてヒト血漿を用いることで,RNAウイルス検出における影響を観察した.その結果,実際のヒト血漿を用いても影響なくRNAウイルス検出が可能であることが判明した. 
(英) We proposed the virus detection with gene amplification method which was also detectable from very small quantity of a virus.It aimed at the application to the nucleic acid amplification test (NAT) used in order to secure the safety of the blood for transfusion which Japanese Red Cross Society was employing. We designed a viral detection consisting of the metal coated hollow fiber membrane and reverse transcription loop-mediated isothermal amplification.
In this report, we tried to detect RNA virus from human plasma sample. As a result, this viral detection could detect virus from blood stock and not influenced by human plasma sample.
キーワード (和) 輸血用血液 / 導電性中空糸膜 / RT-LAMP法 / RNAウイルス / ヒト血漿試料 / / /  
(英) blood supply / metal-coated hollow fiber membrane / RT-LAMP / RNA virus / human plasma sample / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 423, MBE2011-91, pp. 65-70, 2012年1月.
資料番号 MBE2011-91 
発行日 2012-01-20 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2011-91

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2012-01-27 - 2012-01-28 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu University 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2012-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒト血漿試料からのRNAウイルス検出における導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いた感度向上効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on improvement effect of RNA virus detection using the metal-coated hollow fiber membrane with reverse transcription loop-mediated isothermal amplification from a human plasma sample 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 輸血用血液 / blood supply  
キーワード(2)(和/英) 導電性中空糸膜 / metal-coated hollow fiber membrane  
キーワード(3)(和/英) RT-LAMP法 / RT-LAMP  
キーワード(4)(和/英) RNAウイルス / RNA virus  
キーワード(5)(和/英) ヒト血漿試料 / human plasma sample  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 太一 / Taichi Endo / エンドウ タイチ
第1著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: HIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 俊継 / Toshitsugu Sugawara / スガワラ トシツグ
第2著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: HIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有澤 準二 / Junji Arisawa / アリサワ ジュンジ
第3著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: HIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 主幸 / Kazuyuki Kimura / キムラ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: HIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 治 / Osamu Igarashi / イガラシ オサム
第5著者 所属(和/英) 株式会社ニックス (略称: ニックス)
NIX, Incorporated Company (略称: NIX)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-27 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2011-91 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.423 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2012-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会