お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 17:20
[チュートリアル招待講演]ネットワーク仮想化の研究動向 ~ 将来のネットワークアーキテクチャの展開に向けて ~
塩本公平NTTNS2011-161
抄録 (和) TCP/IPプロトコル群はインターネットの歴史とともに逐次改良や機能追加がなされる中で肥大化・複雑化してきており,新たな通信網の要件に十分応えることが困難になってきている.ここ数年,ネットワークアーキテクチャを根本から見直し,新たなネットワークアーキテクチャを模索する研究開発の動きがある.ネットワーク仮想化は,そのような新たなネットワークアーキテクチャを実現するための基盤技術として近年注目されている.本稿では,さまざまなネットワーク仮想化のアプローチについて解説する.制御プレーンおよび管理プレーンを根本から見直すアプローチや制御プレーンや管理プレーンだけでなくデータプレーンまで含めて根本から見直すアプローチ等に分類して解説する. 
(英) TCP/IP protocol family, which has gone through incremental fixes and functional additions, is becoming huge and complicated. We thus anticipate that it will be difficult to satisfy requirements of future networks with today’s TCP/IP protocol family. Toward clean-slate network architecture, numerous research and development activities are underway in Japan, US, and Europe. Network virtualization is regarded as one of key enablers for clean-slate network architecture R&D activities. This article presents an overview of network virtualization approaches ranging from one intended for clean-slate control and management planes innovation to one for clean-slate control, management, and data -planes innovation.
キーワード (和) ネットワーク仮想化 / クリーンスレート / ネットワークアーキテクチャ / 将来ネットワーク / / / /  
(英) network virtualization / clean-slate / network architecture / future network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 408, NS2011-161, pp. 93-98, 2012年1月.
資料番号 NS2011-161 
発行日 2012-01-19 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-161

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Ryukyu University 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク仮想化の研究動向 
サブタイトル(和) 将来のネットワークアーキテクチャの展開に向けて 
タイトル(英) Tutorial overview of network virtualization R&D activities 
サブタイトル(英) Toward future network architecture deployment 
キーワード(1)(和/英) ネットワーク仮想化 / network virtualization  
キーワード(2)(和/英) クリーンスレート / clean-slate  
キーワード(3)(和/英) ネットワークアーキテクチャ / network architecture  
キーワード(4)(和/英) 将来ネットワーク / future network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 17:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-161 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会