電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 13:40
非線形光ファイバにおける高次統計量を利用した分数間隔等化方式
秋濃俊昭Chunjie DuanKieran Parsons小島啓介MERL)・○吉田 剛杉原隆嗣水落隆司三菱情報総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光ファイバ通信において超高速通信を実現するには非線形歪を補償することが重要である.非線形歪は送信信号データに依存することが知られており,本稿ではこれを利用した等化方式を提案している.本方式は光ファイバ入出力応答の多次元高次統計量(平均・分散・歪度など)を適応的に学習し,データ依存のある非線形歪を効率よく補償する分数間隔等化を適用している.提案方式の利用により40Gbpsの伝送速度・5,230kmの伝送距離において2dB以上の特性改善効果が得られることを計算機シミュレーションで明らかにする.また,デジタル後方伝搬を等化器の前段に用いることで伝搬路応答のメモリ長を短縮し,1-2dBのさらなる特性改善が可能であることを示す. 
(英) Fiber nonlinearity has become a major limiting factor to realize ultra-high-speed optical communications. We propose a fractionally-spaced equalizer which exploits trained multivariate high-order statistics (mean, variance, skewness, etc.) to deal with data-pattern dependent nonlinear impairment in fiber optic communications. The computer simulation reveals that the proposed 3-tap equalizer improves Q-factor by more than 2dB for long-haul transmissions of 5,230km and 40Gbps. We also demonstrate that the joint use of a digital backpropagation (DBP) and the proposed equalizer offers an additional 1-2dB performance improvement due to the channel shortening gain.
キーワード (和) 光ファイバ / 非線形歪補償 / 高次統計量 / 分数間隔等化 / 最尤推定 / デジタル後方伝搬 / /  
(英) Optical fiber / Nonlinearity compensation / High-order statistics / Fractionally-spaced equalizer / Maximum-likelihood estimation / Digital backpropagation / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 411, OCS2011-108, pp. 17-22, 2012年1月.
資料番号 OCS2011-108 
発行日 2012-01-19 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館 
開催地(英) ISESHI-KANKOUBUNKAKAIKAN 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアクセス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、アナログ光伝送、量子通信、一般 
テーマ(英) Core/metro system, Optical access system/next generation PON, Broadband access system, (Wide area)Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Analog optaical transmission, Quantum communication etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2012-01-CS-OCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 非線形光ファイバにおける高次統計量を利用した分数間隔等化方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fractionally-Spaced Equalizer Based on High-Order Statistics in Nonlinear Fiber Optics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 非線形歪補償 / Nonlinearity compensation  
キーワード(3)(和/英) 高次統計量 / High-order statistics  
キーワード(4)(和/英) 分数間隔等化 / Fractionally-spaced equalizer  
キーワード(5)(和/英) 最尤推定 / Maximum-likelihood estimation  
キーワード(6)(和/英) デジタル後方伝搬 / Digital backpropagation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋濃 俊昭 / Toshiaki Koike-Akino / アキノ トシアキ
第1著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Reserch Labs (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Labs (略称: MERL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Chunjie Duan / Chunjie Duan / Chunjie Duan
第2著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Reserch Labs (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Labs (略称: MERL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Kieran Parsons / Kieran Parsons / Kieran Parsons
第3著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Reserch Labs (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Labs (略称: MERL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 啓介 / Keisuke Kojima / コジマ ケイスケ
第4著者 所属(和/英) Mitsubishi Electric Reserch Labs (略称: MERL)
Mitsubishi Electric Research Labs (略称: MERL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 剛 / Tsuyoshi Yoshida / ヨシダ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機情報技術総合研究所 (略称: 三菱情報総研)
Information Technology R&D Center, Mitsubishi Electric Corporation (略称: ITC MELCO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉原 隆嗣 / Takashi Sugihara / スギハラ タカシ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機情報技術総合研究所 (略称: 三菱情報総研)
Information Technology R&D Center, Mitsubishi Electric Corporation (略称: ITC MELCO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 水落 隆司 / Takashi Mizuochi / ミズオチ タカシ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機情報技術総合研究所 (略称: 三菱情報総研)
Information Technology R&D Center, Mitsubishi Electric Corporation (略称: ITC MELCO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-108 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.411 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会