電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 13:00
CSMA/CAの挙動を考慮した無線LANスループット推定方式の実験検証
今垣雄一樫木勘四郎藤本 貴山崎浩輔山口 明KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Wi-Fiを優先的に利用するポリシーを持たせて,複数無線方式に対応したデバイス(マルチモード端末)を制御すると,Wi-Fiシステムの通信品質がセルラーシステムよりも低い場合であってもWi-Fiを優先的に利用し,ユーザ品質を損なう恐れがある. また,近年,屋外に設置される公衆Wi-Fiアクセスポイント(AP)が増加し,ある場所において複数のAPが利用可能といった状況があり得る.そこで,本稿ではスループットに着目し,パケットキャプチャによって得られたデバイス(APおよびSTA)毎の帯域占有率の値をもとにCSMA/CAによるリソース共有に支配的なデバイス数を計算し,事前にWi-Fi に期待できるスループットを計算する方法について提案する.また,提案方式の有効性の基礎評価として実施した実験の結果を紹介する.提案方式のRMSE(Root Mean Square)は,比較方式の29%~33%となった.提案方式の推定スループットは実測スループットより常に値が大であるため,この原因の解明と提案方式の改善が今後の課題である. 
(英) A multi-mode terminal that equips some wireless modules always selects Wi-Fi system if that has a policy of selecting Wi-Fi system when the terminal is in a Wi-Fi hot spot. But there is a situation that the throughput of 3G system is higher than that of Wi-Fi system because of channel congestion: many Wi-Fi devices are using same frequency band. These days, public Wi-Fi service is becoming popular and the number of AP outside is increasing dramatically. As a result, it is ordinary that an STA can connect some APs. Considering above situations, we propose the passive measuring method to estimated Wi-Fi throughput regarding CSMA/CA. This proposed method can estimate Wi-Fi throughput accurately (RMSE of the proposed method is 29%~33% of conventional methods). This method enables that an STA selects Wi-Fi only when the throughput of Wi-Fi is higher than other systems and an STA selects the AP that the throughput of the AP would be higher than other APs.
キーワード (和) IEEE802.11 / Wi-Fi / WLAN / スループット / 公衆無線LAN / パッシブ測定 / /  
(英) IEEE802.11 / Wi-Fi / WLAN / Throughput / public Wi-Fi / passive measurement / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 417, SR2011-78, pp. 1-7, 2012年1月.
資料番号 SR2011-78 
発行日 2012-01-19 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 鹿児島 
開催地(英) Kagoshima 
テーマ(和) コグニティブ無線ネットワーク,ク ロスレイヤ技術 
テーマ(英) Cognitive Radio Network, Cross Layer Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2012-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CSMA/CAの挙動を考慮した無線LANスループット推定方式の実験検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment Verification of WLAN Throughput Estimation Method Regarding CSMA/CA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(2)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(3)(和/英) WLAN / WLAN  
キーワード(4)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(5)(和/英) 公衆無線LAN / public Wi-Fi  
キーワード(6)(和/英) パッシブ測定 / passive measurement  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今垣 雄一 / Yuichi Imagaki / イマガキ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs., Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs., Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 貴 / Takashi Fujimoto / フジモト タカシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs., Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩輔 / Kosuke Yamazaki / ヤマザキ コウスケ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs., Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 明 / Akira Yamaguchi / ヤマグチ アキラ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs., Inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2011-78 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.1-7 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会