お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 16:30
中赤外垂直遷移型DFB量子カスケードレーザ(QCL)の試作
橋本順一辻 幸洋稲田博史三浦貴光村田 誠吉永弘幸八木英樹加藤隆志村田道夫勝山 造住友電工PN2011-50 OPE2011-166 LQE2011-152 EST2011-100 MWP2011-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2011-166 LQE2011-152 EST2011-100 MWP2011-68
抄録 (和) 我々は、中赤外量子カスケードレーザ(QCL)用の活性層として、LOフォノン散乱の増大を抑制しつつ、発光遷移確率の選択的な増大による利得増加の効果が期待できる、垂直遷移型活性層構造を考案した。本活性層を用いたFP-QCLを試作し、従来の対角遷移型FP-QCLと比較した結果、室温で約30%の閾値電流の低減が得られ、本活性層導入による特性改善を確認した。さらに本活性層を有する複素屈折率結合型DFB-QCLを試作し、室温までの単一モードでのパルス発振に成功した。共振器長2mmのアンコート素子において、室温で3.8 kA/cm2の閾値電流密度が得られ、また発振波長の温度依存性は約0.4 nm/Kであった。 
(英) We designed a new vertical-transition active layer structure for a Mid-IR quantum cascade laser (QCL). In this structure, effective optical gain increase can be obtained by enhancing radiative transition selectively with LO phonon scattering increase suppressed. We fabricated vertical-transition FP-QCL having this active layer, and found that 30 % decrease of threshold current was achieved at room temperature compared with the conventional diagonal-transition FP-QCL. We also developed a complex-coupled type DFB-QCL using the same active layer, and succeeded in obtaining a single-mode pulse oscillation up to room temperature. The threshold current density at room temperature was about 3.8 kA/cm2, and the lasing wavelength dependence on temperature was about 0.4 nm/K.
キーワード (和) 量子カスケードレーザ / QCL / 垂直遷移 / 対角遷移 / DFB / 中赤外 / /  
(英) quantum cascade laser / QCL / vertical-transition / diagonal-transition / DFB / Mid-IR / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 414, LQE2011-152, pp. 109-113, 2012年1月.
資料番号 LQE2011-152 
発行日 2012-01-19 (PN, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2011-50 OPE2011-166 LQE2011-152 EST2011-100 MWP2011-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2011-166 LQE2011-152 EST2011-100 MWP2011-68

研究会情報
研究会 EMT PN LQE OPE MWP EST IEE-EMT  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 大阪大学コンベンションセンター 
開催地(英) Osaka Univ. Convention Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶,ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,一般 
テーマ(英) Photonic integrated circuits and devices, swtiching, PLC, fiber devices, waveguide analysis, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2012-01-EMT-PN-LQE-OPE-MWP-EST-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中赤外垂直遷移型DFB量子カスケードレーザ(QCL)の試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mid-IR vertical transition DFB quantum cascade laser 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子カスケードレーザ / quantum cascade laser  
キーワード(2)(和/英) QCL / QCL  
キーワード(3)(和/英) 垂直遷移 / vertical-transition  
キーワード(4)(和/英) 対角遷移 / diagonal-transition  
キーワード(5)(和/英) DFB / DFB  
キーワード(6)(和/英) 中赤外 / Mid-IR  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 順一 / Jun-ichi Hashimoto / ハシモト ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 幸洋 / Yukihiro Tsuji / ツジ ユキヒロ
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲田 博史 / Hiroshi Inada / イナダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 貴光 / Takamitsu Miura / ミウラ タカミツ
第4著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 誠 / Makoto Murata / ムラタ マコト
第5著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 弘幸 / Hiroyuki Yoshinaga / ヨシナガ ヒロユキ
第6著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 英樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第7著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 隆志 / Takashi Kato / カトウ タカシ
第8著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 道夫 / Michio Murata / ムラタ ミチオ
第9著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝山 造 / Tsukuru Katsuyama / カツヤマ ツクル
第10著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Industries, LTD. (略称: SEI)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-PN2011-50,IEICE-OPE2011-166,IEICE-LQE2011-152,IEICE-EST2011-100,IEICE-MWP2011-68 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.412(PN), no.413(OPE), no.414(LQE), no.415(EST), no.416(MWP) 
ページ範囲 pp.109-113 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2012-01-19,IEICE-OPE-2012-01-19,IEICE-LQE-2012-01-19,IEICE-EST-2012-01-19,IEICE-MWP-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会