お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 10:00
FeliCaスタンプラリーVer.2システムの開発と評価
高橋孝徳堀 翔吾松本良子小林 浩東京電機大NS2011-149
抄録 (和) 子供たちの理工系離れの回帰を願って,「わ!と驚く科学技術 FeliCaスタンプラリー」を学園祭実行委員会との共同企画として開催している.これは,キャンパス内に多数のチェックポイント(研究室,以下CPと略)を設け,非接触型ICチップFeliCaを用いたスタンプラリーシステムを介して参加者がCPを順に周り,科学技術に対する感動や楽しみを実感してもらうことを意図としたものである.
筆者らは,このためのシステム開発と運用に当たってきたが,昨年度は満点賞狙いで各CPの説明を聞かずに駆け足で周回する小学生が多数散見され,また広大なキャンパスでの運用にともなう様々な問題が明らかになった.これらの問題解決を目指して,各CPでのクイズ出題や,運営支援及び遠隔監視機能などを強化したWebベースのVer. 2システムを開発し,本年度の学園祭にて運用した.昨年度と同様に1,000名近くの方が参加され,科学技術に対する理解を深めてもらったが,周回記録からより効率よく周回できるようナビゲーション機能の充実が必要なことが分かった.本稿では,Ver. 2システムの概要と実装方法,運用評価を述べた後,木構造経路探索アルゴリズムを用いたナビゲーションの提案を行う. 
(英) FeliCa stump rally events, which are science and technology exhibitions for young people, have been held under the collaboration with the campus festival executive committee. The authors have developed the whole system and have operated it at the author’s campus festival. In the last year, some schoolchildren run through check-points (CP) by ignoring explanations at CPs to get the prize of perfect score, and some problems due to operations in the huge campus were also cleared. For solving these problems, the new web-based system with some features, such as quizzing to partic-ipants, online community for staff communication, and a network management system, have been developed as the version 2 and have used at the recent campus festival. Though a thousand of participants could enjoy the event likewise the last year, the log data has pointed out that the enhancement of navigation function is necessary. After describing the key points and evaluation results of the system, a new navigation method using tree structure routing algorism is discussed.
キーワード (和) スタンプラリー / Webアプリケーションシステム / ネットワーク管理 / 木構造経路探索アルゴリズム / / / /  
(英) stamp rally / web application system / network management / tree structure routing algorism / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 408, NS2011-149, pp. 23-28, 2012年1月.
資料番号 NS2011-149 
発行日 2012-01-19 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-149

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Ryukyu University 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FeliCaスタンプラリーVer.2システムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of FeliCa Stamp Rally Ver.2 System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スタンプラリー / stamp rally  
キーワード(2)(和/英) Webアプリケーションシステム / web application system  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク管理 / network management  
キーワード(4)(和/英) 木構造経路探索アルゴリズム / tree structure routing algorism  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 孝徳 / Takanori Takahashi / タカハシ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学大学院 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 翔吾 / Shogo Hori / ホリ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 良子 / Ryoko Matsumoto / マツモト リョウコ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 浩 / Hiroshi Kobayashi / コバヤシ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学大学院 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-149 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会