電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 09:00
複数LLID対応ONUのPowerセービング方法に関する一検討
久野隆治山田将蔵古沢 聡河内 肇鈴木祥也オー・エフ・ネットワークスCS2011-81
抄録 (和) 高速,大容量,低コストのブロードバンドサービスを提供する装置として,広く適用されているPONシステムでは,消費電力量の大半をONU が占める為,地球温暖化防止や電力不足の観点から低消費電力化が望まれている.
このONU には,FTTH 用に1台のONU に1つのLLID を使用する場合と,FTTB 用に多ポートONU を用いて複数のLLID を使用する場合が考えられる.
ITU-T やIEEE においてOLT と連携したONU のPower セービングの標準化が進められている.
本稿では複数LLID を使用するONU のPower セービングを実施する場合に,各々の
LLID とSleep/Active の状態遷移の方法をCASE 毎に検討し,各々の比較を行ったので報告する. 
(英) PON system has been widely deployed as an optical access network device providing fast, high-capacity and low-cost broadband service. Significant part of its power is consumed by ONUs, and therefore reducing their power consumption is required to prevent global warming and power shortage. There are two types of ONUs depending on purpose: single LLID per ONU for FTTH and multiple LLIDs per ONU for FTTB.
ITU-T and IEEE have been facilitating a standardization of ONU's power saving in cooperation with OLT. This paper examines, in different cases, the methods of each LLID and Sleep/Active state transition of when implementing power saving for ONUs supporting multiple LLIDs, and reports advantages and disadvantages of them.
キーワード (和) GE-PON / 10G-EPON / Multiple-LLID / TRx パワーセービング / / / /  
(英) GE-PON / 10G-EPON / Multiple-LLID / TRx power saving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 410, CS2011-81, pp. 1-6, 2012年1月.
資料番号 CS2011-81 
発行日 2012-01-19 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2011-81

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館 
開催地(英) ISESHI-KANKOUBUNKAKAIKAN 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアクセス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、アナログ光伝送、量子通信、一般 
テーマ(英) Core/metro system, Optical access system/next generation PON, Broadband access system, (Wide area)Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Analog optaical transmission, Quantum communication etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2012-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数LLID対応ONUのPowerセービング方法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Power Saving Methods for ONUs Supporting Multiple LLIDs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GE-PON / GE-PON  
キーワード(2)(和/英) 10G-EPON / 10G-EPON  
キーワード(3)(和/英) Multiple-LLID / Multiple-LLID  
キーワード(4)(和/英) TRx パワーセービング / TRx power saving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 隆治 / Ryuji Hisano / ヒサノ リュウジ
第1著者 所属(和/英) 株式会社オー・エフ・ネットワークス (略称: オー・エフ・ネットワークス)
OF Networks (略称: OFN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 将蔵 / Shozo Yamada / ヤマダ ショウゾウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社オー・エフ・ネットワークス (略称: オー・エフ・ネットワークス)
OF Networks (略称: OFN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古沢 聡 / Satoshi Furusawa / フルサワ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社オー・エフ・ネットワークス (略称: オー・エフ・ネットワークス)
OF Networks (略称: OFN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河内 肇 / Hajime Kawauchi / カワウチ ハジメ
第4著者 所属(和/英) 株式会社オー・エフ・ネットワークス (略称: オー・エフ・ネットワークス)
OF Networks (略称: OFN)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 祥也 / Akiya Suzuki / スズキ アキヤ
第5著者 所属(和/英) 株式会社オー・エフ・ネットワークス (略称: オー・エフ・ネットワークス)
OF Networks (略称: OFN)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2011-81 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.410 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会