電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-23 15:15
微小外力を含む4区分線形BVP発振器にみられる振幅死現象とカオスのメカニズムの解明
篠塚吉正明大)・塚本和孝塚本研)・稲葉直彦明大)・関川宗久東大)・遠藤哲郎明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2次元自励Bonhoeffer-van der Pol(BVP)発振器においては,亜臨界的なAndronov Hopf分岐によって安定なフォーカスと弛張振動解が僅かな距離を隔てて共存する場合がある.前稿においては非線形抵抗を4区分線形化し,さらに理想ダイオード型特異摂動法を用いることにより,カオス解が超微小周期外力印加時において発生,更に突然消滅し,振幅死状態に至ることを示した.本稿では,区分線形系の厳密解をすべて求め,この興味深い系に見られる分岐現象をさらに詳しく調べた.振幅死現象とカオス解の共存は,一次元写像として導出されたポアンカレ写像に生じたカオス解と振幅死現象が独立に存在する場合と,ポアンカレ写像に空洞区間およびカオスを発生する不変区間が存在する場合の二つの場合があることが明らかになった.さらに,空洞区間が生じる近辺ではポアンカレ写像の形状が非常に複雑であることが明らかとなった. 
(英) In the autonomous Bonhoeffer-van der Pol(BVP) oscillator, a
subcritical Andronov Hopf bifurcation can take place. In this case, a
stable focus and stable rexation oscillation coexist. When weak
perturbation is apllied, complex behaviors appear since the solution
alternate between the focus and the rexation oscillation. We have
proposed a four-segment peacewise-linear BVP osillater that has a stable focus and a stable rexation oscilation. In this study, we further investigate this oscillator. By applying a weak periodic perturbation, complicated bifurcation bifurcation structures emerge because a stable focus and a stable relaxation oscillation coexist in a close proximity. To analyze these phenomena in detail, we propose a four-segment piecewise-linear BVP oscillator with idealized characteristic, and show that the chaotic oscillation disappears and oscillation death appear under weak periodic perturbation. Especially, it is shown that extremely complicated structure on the Poincar\'e map is observed when the interval to oscillation death appears.
キーワード (和) 混合モード振動 / カオス / / / / / /  
(英) oscillation death / chaos / relaxation oscillation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 395, NLP2011-129, pp. 29-34, 2012年1月.
資料番号 NLP2011-129 
発行日 2012-01-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2012-01-23 - 2012-01-24 
開催地(和) 會津稽古堂 
開催地(英) Aizu-keiko-do Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2012-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微小外力を含む4区分線形BVP発振器にみられる振幅死現象とカオスのメカニズムの解明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mechanism of oscillation death and chaos in a weakly driven 4-segment piecewise-linear BVP oscillator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 混合モード振動 / oscillation death  
キーワード(2)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(3)(和/英) / relaxation oscillation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠塚 吉正 / Yoshimasa Shinotsuka / シノツカ ヨシマサ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和孝 / Kazutaka Tsukamoto / ツカモト カズタカ
第2著者 所属(和/英) 塚本研究所 (略称: 塚本研)
Tsukamoto Reserch Laboratory (略称: Tsukamoto Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 直彦 / Naohiko Inaba / イナバ ナオヒコ
第3著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関川 宗久 / Munehisa Sekikawa / セキカワ ムネヒサ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 哲郎 / Tetsuro Endo / エンドウ テツロウ
第5著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-23 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2011-129 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2012-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会