お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 10:25
[招待講演]対称三相アナログ信号処理とその無線通信回路への応用
山路隆文東芝CAS2011-103
抄録 (和) 無線通信では搬送波の振幅と位相を情報伝送に利用しているので,2次元の信号処理が行われている.2次元信号の表現方法としては極座標表示よりも直交座標表示が多く用いられ,複素数の実部と虚部に相当するI信号,Q信号と表現されることが多い.アナログ集積回路では2端子間電圧を信号として扱う差動回路が事実上の標準方式であり,直交信号は4端子を用いて表現される.

一方,モーターの制御など電力を扱う回路は3相方式が多く用いられる.3相信号において回転の制御が実現できることは振幅と位相の制御は3端子で可能であり4端子を使う通常の回路は冗長であることを意味している.無線チップの小面積化の手法として3相方式の回路を試作し,直交方式と同様の出力が得られることを確認したので報告する. 
(英) Radio communication systems often use two analog signals as real and imaginary parts of a complex number, and the two signals are usually called I and Q signals. On an integrated circuit, analog signals are usually differential signals. Therefore, a complex number is expressed using 4-node voltages.

The author proposed balanced 3-phase analog signal processing and circuits for the 3-phase system. The proposed circuits are expected to have small chip area because the number of passive elemnts are smaller than that for I/Q differential circuits.

A test chip adopting the 3-phase anarog circuits is fabricated using
130nm CMOS technology, and mesured results show that 3-phase is enough for 2-dimentional signal.
キーワード (和) 三相 / 無線通信 / アナログ回路 / / / / /  
(英) three phase / radio communication / analog circuits / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 377, CAS2011-103, pp. 99-102, 2012年1月.
資料番号 CAS2011-103 
発行日 2012-01-12 (CAS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2011-103

研究会情報
研究会 CAS  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Circuit and System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2012-01-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対称三相アナログ信号処理とその無線通信回路への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Balanced Three-Phase Analog Signal Processing and Circuits for Radio Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三相 / three phase  
キーワード(2)(和/英) 無線通信 / radio communication  
キーワード(3)(和/英) アナログ回路 / analog circuits  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山路 隆文 / Takafumi Yamaji / ヤマジ タカフミ
第1著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corp. (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 10:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-103 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.377 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会