電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 16:30
高位結晶成長ボロノイ図の構成法とその応用
渡邉誠彌二宮公紀鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大PRMU2011-179 MVE2011-88
抄録 (和) 市街地や住宅街などでの様々な施設配置問題における圏域を求める方法として,
ボロノイ図が利用されている.しかし,これらの研究では施設の勢力範囲を示すのみで,施設配置における利便性の評価まで行っているものはほとんどない.
また,河川や建造物など障害物となる領域や複数の施設からの影響についても考慮されていない.
本研究では,母点から障害物を迂回して成長する結晶成長ボロノイ図を複数の母点から評価できるように拡張し,高位結晶成長ボロノイ図と定義,その作図アルゴリズムを提案する.その応用例として,母点を病院やコンビニなどの様々な施設と見なして,市街地における様々な施設からの利便性の評価を総合的に判断し,市街地評価地図を作成する. 
(英) Voronoi Diagram are used to find out territories in many fields of layout problems,such as hospital location and post office problem. There are researchs that can evaluate urban district, but most of them doesn't consider obstacles like rivers and buildings, and doesn't consider about the influence from multiple facilities.
In this research, we extended Crystal-growth Voronoi diagram: a Voronoi diagram which grows around obstacles like a crystal; to a higher-order in order to evaluate from multiple site points. We defined it Higher-order Crystal-growth Voronoi diagram, and will propose its construction method.
As application, we will create evaluation map of urban district by considering site points as various facilities, such as hospital and store.
Evaluation map will be made by evaluating convenience from facilities in urban area.
キーワード (和) 結晶成長ボロノイ図 / 高位ボロノイ図 / 市街地評価 / 施設配置 / 利便性 / / /  
(英) Crystal-growth Voronoi Diagram / Higher-order Voronoi diagram / Urban District Evaluation / Facility placement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 379, PRMU2011-179, pp. 341-346, 2012年1月.
資料番号 PRMU2011-179 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-179 MVE2011-88

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高位結晶成長ボロノイ図の構成法とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Constitution Method of Higher-order Crystal-growth Voronoi Diagram and Its Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 結晶成長ボロノイ図 / Crystal-growth Voronoi Diagram  
キーワード(2)(和/英) 高位ボロノイ図 / Higher-order Voronoi diagram  
キーワード(3)(和/英) 市街地評価 / Urban District Evaluation  
キーワード(4)(和/英) 施設配置 / Facility placement  
キーワード(5)(和/英) 利便性 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 誠彌 / Seiya Watanabe / ワタナベ セイヤ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二宮 公紀 / Kohki Ninomiya / ニノミヤ コウキ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿嶋 雅之 / Masayuki Kashima / カシマ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 公則 / Kiminori Sato / サトウ キミノリ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 睦 / Mutsumi Watanabe / ワタナベ ムツミ
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-179,IEICE-MVE2011-88 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.341-346 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会