電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 11:10
幾何制約付HOGとNFTGによる夜間歩行者検出
前渕啓材呉 海元和田俊和和歌山大PRMU2011-175 MVE2011-84
抄録 (和) 本稿では幾何制約付INi-HOGとNFTG(Nearest First Traversing Graph)を使って夜間歩行者を検出する方法を提案する.歩行者候補領域の検出段階では,安定に消失線を求めるために,路面内の白線等の直線情報に基づいて,ハフ変換とパーティクルフィルタから消失点を検出する方法を導入する. 近赤外線画像用のHOG(Ni-HOG)を高速に計算するために,Integral-Ni-HOG(INi-HOG)を提案する.消失線とカメラパラメータから INi-HOG の探索位置とサイズを導出でき,高速処理かつ誤検出が抑制することが可能になる.歩行者候補領域の検証段階では,人物輪郭モデルとのハウスドルフ距離を計算する方法を採用する.多数の人物輪郭モデルとの距離計算回数を最小限にするために,NFTGを用いたモデル間のグラフ化を提案する.実画像を用いた実験結果より,従来手法(HOG)と先行研究[14]と比較し,提案手法を用いた場合,誤検出を約半分まで抑えながら,処理速度が約15倍速くなることを確認した. 
(英) This paper proposes a method for detecting pedestrians on the road in night view using HOG, NFTG and the geometric constraints that pedestrians stand or walk on the road. The vanishing point of the road is estimated from the white lines on the road using particle filter and Hough transform. The vanishing point is used to predict the size of the pedestrian when whose position is given, thus brings the effect of reducing the processing time and the false detection. A new method called “Integral-Ni-HOG” (or INi-HOG) for calculating HOG for near-infrared images fast is proposed. The Hausdorff distance between the pedestrian candidate regions and the pedestrian model is used for the verification of each pedestrian candidate region in the image. NFTG is used to describe the relations between each pedestrian model in order to reduce the number of times of pedestrian models being used for verifying each pedestrian candidate region. The experiments using real images show that this method is 15 times faster and the false detection rate is lowered by about 50% compared the conventional method based on HOG.
キーワード (和) 夜間歩行者検出 / 近赤外線 / INi-HOG / NFTG / 幾何制約 / ハウスドルフ距離 / /  
(英) Detecting Pedestrians in Night View / Near-infrared / INi-HOG / NFTG / geometric constraints / Hausdorff Distance / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 379, PRMU2011-175, pp. 291-296, 2012年1月.
資料番号 PRMU2011-175 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-175 MVE2011-84

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 幾何制約付HOGとNFTGによる夜間歩行者検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detecting Pedestrians in Night View using HOG and NFTG with Geometric Constraints 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 夜間歩行者検出 / Detecting Pedestrians in Night View  
キーワード(2)(和/英) 近赤外線 / Near-infrared  
キーワード(3)(和/英) INi-HOG / INi-HOG  
キーワード(4)(和/英) NFTG / NFTG  
キーワード(5)(和/英) 幾何制約 / geometric constraints  
キーワード(6)(和/英) ハウスドルフ距離 / Hausdorff Distance  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前渕 啓材 / Hiroki Maebuchi / マエブチ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 海元 / Haiyuan Wu / ゴ カイゲン
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 俊和 / Toshikazu Wada / ワダ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 11:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-175,IEICE-MVE2011-84 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.291-296 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会