電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 09:30
[奨励講演]BGP不正メッセージ検出法
姜 鵬渡里雅史立花篤男長谷川輝之阿野茂浩KDDI研CQ2011-68
抄録 (和) 近年、AS 番号の4 オクテット化等に伴い、BGP メッセージにおける不性な属性値を原因とする経路障害が増加している。BGP における経路障害は、インターネットにおける多数のユーザの通信品質・通信到達性に大きな影響を与える可能性があるため、ISP の運用者は迅速に経路障害の原因を特定し、フィルタ設定・ポリシ注入等による適切な運用手順により、経路障害を回避・復旧させる必要がある。しかしながら、定常的に経路変動が発生している今日のインターネットにおいて、障害発生時に観測される膨大な数のBGP メッセージの中から経路障害の原因となる不正属性値を迅速に特定することは困難である。これに対し、筆者らは、不正属性値が過去に観測されていない値である可能性が高いことに着目し、パッシブ計測したBGP メッセージに含まれる属性値を、過去に記録した正常時の経路情報データベース(RIB:Route Information Base) と比較することにより、不正属性値を絞込む手法を提案する。本稿では、提案手法の概要を説明するとともに、公開BGP データを用いて過去に発生したインターネット経路障害の事例を解析した結果に基づき、提案手法の有効性を評価する。 
(英) Following the gradually increased usage of 4-octet ASN (Autonomous System Number), BGP Routing outrages have happened due to improper attribute values (anomalies) of BGP messages. BGP Routing outrages may cause communication reachability unavailable and communication quality deterioration, affecting a large number of Internet users. It is necessary for ISP operators to swiftly determine the cause of an outrage so as to reroute and restore service quality by setting new filtering rules and injecting new operation policies. But pinpointing out quickly the causes of route outrages from enormous number of BGP messages that were collected during the outrage times is very difficult. Because previously used values are less likely to be anomalies, authors propose a new detecting methodology by extracting those newly observed attribute values which are not used in RIB files acquired when there is no outrage. The new proposed method is assumed to be with higher detecting precision and we evaluates using real Internet data collected by RouteViews.
キーワード (和) BGP / 不正属性値 / ネットワーク監視 / / / / /  
(英) BGP / Anomaly, Detection / Network Management / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 378, CQ2011-68, pp. 137-140, 2012年1月.
資料番号 CQ2011-68 
発行日 2012-01-12 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2011-68

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BGP不正メッセージ検出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for Detecting BGP Attribute Anomaly 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BGP / BGP  
キーワード(2)(和/英) 不正属性値 / Anomaly, Detection  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク監視 / Network Management  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 鵬 / Peng Jiang /
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI LABS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡里 雅史 / Masafumi Watari /
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI LABS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 立花 篤男 / Atsuo Tachibana /
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI LABS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 輝之 / Teruyuki Hasegawa /
第4著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI LABS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano /
第5著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI LABS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2011-68 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.137-140 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会